映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

違いの分かる男

デスクワークをしていると、インスタントコーヒーはもはや体液です。

一番安いブレンディ→同じ量で倍の値段のゴールドブレンド
と大人の階段を上っていたのですが、ふとっぱらな上司に成城石井でこれらを仕入れてもらいました。
b0046664_1304473.jpg

左からドイツのkreis社のもの。エクスプレスという銘柄は250g 398円とか信じられない値段で売っているが、これは100gで1200円くらい。酸味がほとんどなくて、冷めてもほんとにおいしい。真中はキリマンジャロブレンド。酸味が強く、ストロングなお味。
一番右はオランダのmocconaコーヒー。100gで1500円くらい。複雑で豊かな味わいでおいしい。

よくわからないのですが、これらのコーヒーはお湯を入れる前の粉の香りがものすごくいいのです。クライスはビターチョコレートの香り、モッコナは鰹節の香り。いつまでもくんくんしていたくなってしまう。粉なのに。
今までゴールドブレンドはいい香りなんじゃないかと思ってましたが、これらをかいだあとにゴールドブレンドを匂うと松やにのような雑草のような香りがするような。なぜだ。

※本日の日記は
b0046664_136363.jpg

こちらの影響をうけて書いたもよう。
[PR]
by angrofille | 2005-03-10 13:06