映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

root s

いろいろぐだぐだと迷っていましたが、8月から旅にでることにしました。
そうスナフキンのようにギターをかかえて(aとcとgしかひけない)。

わたしはイギリスを狂ったように愛しているので(だいぶ誇張あり)イギリスに長く滞在したいと思っていましたが、それ以外にもやりたいことができました。

それはそう巡礼。スカパラにいたひとがやっているバンドではありません。1回なぜかasiaでライブみたなあ。

須賀敦子女史の本を読んでいたら「アッシジ」とか「ピオ神父」とか出て来て、「聞いた事あるな。」と思っていたのですが、なんかほんとちいさいころ本で読んだカトリックの世界がほんとにあるんだと気付いてもーれつに行きたくなってきた。

じつは私はかつて神童だったのです。というのは嘘で、ちいさいころ夢を見た事があるのです。それは最後の晩餐の光景で、わたしはイエズスさん達が晩餐している部屋の窓の外からその光景を見ている夢。あの絵の窓からひょっこり顔をのぞかせている自分をみていた夢だったのですが、それをカトリックの母に話したらとんでもない大騒ぎに、、。母いわくそういうできごとを夢でも見てしまうということはシスターでもほとんどないくらいで、教徒にとってはすごいことなんだそうな。その後もフランスのルルドでベルナデッタがマリア様に会ってる光景のすごいピンぼけの夢を見たりしたのだが、中学校にあがってからはぱったり見なくなってしまった。

私は洗礼とかぜんぜん受けていないのでかなりおかどちがいなような気もするのだけど、神様がいないとは言えないくらいのすんごいちいさい信仰心があるので、巡礼してもばちはあたらないだろう。たぶん。たぶん。

なんかすごいおおげさなはなしになったな。
b0046664_21562718.jpg

[PR]
by angrofille | 2005-03-17 21:56