映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

キョウト喫茶ものぐるひ

喫茶店が好きなのです。
お酒に強くないこともあるだろうが、よい喫茶店でのひとときは言葉にかえがたい安らぎを得られるであります。

1 イノダコーヒ本店
展望台までバスにのっていかなくてはならない関西空港につかれはて、特急に乗って1時間20分やっとついたキョウト。京都駅ビルのあまりに無駄などこもかしこもhugeなもようにおどろきつかれて辿り着いたイノダ本店。若い店員さんにイノダの礼儀正しさはなかったようですが、中に通されたとたんにわたしのつかれが一瞬でふきとびました。
白い皮のかわいらしい椅子がテーブルに行儀よく円形にならんでいます。
高い窓の向こうにある小さな庭のみどりがまぶしい。まぶしすぎる。
そしてモーニングを食べている家族連れ。あああんなちいさなこどもがミックスジュースをのんでいる。
頼んだコーヒーは砂糖/ミルクいり、その名も「アラビアの真珠」。仙台に「ニューエレガンス」というイノダの珈琲豆を仕入れている喫茶店があって、ああまさしくあの時飲んでいた味。アルコホリックなマイシスターはビールをキュっと。
明るい店内に座って外をながめているだけでしあわせ。ああ安らぐなあ。なんだろうこの空気。とてもしあわせなひとときでした。

2 京都芸術センター内 前田コーヒー
ここは以前明倫小学校という学校だったそうで、そのまま文化センターとして使われています。教室の一室がカフェになっていて、メニューはタイカレーなどいまのカフェです。この小学校がしっくいの壁に木の階段に格子窓でもうトリュフォーの映画にでてきそうな!アルコホリックなマイシスターはまたビールをキュっと。
↓ 
3 ソワレ

店内は青のランプでぼんやりてらされてて、時間をわすれる。ソーダとかゼリーとか色付きのものがわくわくするほど素敵。コップかっちゃいまいした。
店員さんの女子が緒川たまきのようなまさしくどっからどう見ても京都のカフェにいる人といった感じで唸りました。
アルコホリックなマイシスターはまたまたビールをキュっと。

4 四条烏丸ココン内 オーバカナル
h/mちゃんと京都で再会!ココンは隈研吾がリノベーションしたビル。モダンだとおもったらそういうことか。トークショーにいきました。イベント後ビル内の椅子がぜんぶヤコブセンのカフェは結婚式かなんかでしまっており、となりのオーバカナルへ。ビールグラス2杯でよっぱらってhmちゃんに絡むわたし。
そういえばはじめてhmちゃんと飲んだ時ほっぺにチューしたのよね私、、。とってもかわいい葛湯をおみやげにもらったけどあんまりかわいくてもったいなくてまだ飲んでない。。
私信/coconってフランス語で繭なんだってー!そうなのかー。

5 アンデパンダン
全日空ホテル(飛行機もホテルも、、)についたらうっかりダブルにした部屋をツインにしてくれた。ありがとう京都ホテルマン!正面の二条城はライトアップしててものすごく八重桜がきれい。そしてバスで河原町に向かう途中ケータイを忘れるわたし(次のヒもどってきた)。アンデパンダンは旧・毎日新聞社京都支局だそうで、もうビルからアングラのかおりがぷんぷん。この地下のアジトをカフェにしたようなところで、ものすごく居心地がよい。ベジタリアンメニューのあぶらげとレンズ豆のタコライスがものすごくおいしい!価格もおてごろ。精進料理の街だからか?!こんなところがあったら毎晩たまってしまうよ。アルコホリックなマイシスターはまたまたビールをキュっと。

6 スマート珈琲
珈琲はいりぐちのわけのわからない機械でばいせん(ことえりだとでません)されているそうで、かわった味。薄暗い店内でわがやのようにくつろぐおばちゃんやおじちゃん。町の文化だなあ。サンドイッチをたのんだらパンがふかふかでしっとりしててものすごくおいしい!そしたらパンの業者の人がやってきた!箱には「進々堂」とありました。町のチェーンのパンやさんみたい。

番外 賀茂川と鴨川の中洲
きーもーちーいーいーー。中洲には向こうにわたる飛び石が。あれ?とおもったら、亀のかたちのとびいし!すごいよ京都。

7 六曜社 地上店
オクノ修さんのいる地下はいっぱいで入れず、地上店に。
ここ、ものすごくいいよ。店内は地下は若者がいっぱいだったのだけど、上はおじちゃん二人づれやおばちゃんグループ。おばちゃんがラメ刺繍の猫のシャツを着て、アイスたべてる。かわいい。帰りがけにつれのおばちゃんに「○○さんの猫ちゃんのラメが床に落ちてるわあ」と言っていた。落ちるんだな、やっぱり。野球帽をかぶったおじちゃん二人がドーナツをたべてる。ドーナツはむかしおかあさんがホットケーキミックスでつくってくれたドーナツの味だった。店員さんの若いおんなのこが二人そろって古着シャツにベルボトムで、「これこそ」とため息がもれました。
ここも昭和40年代のモダンな居間というかんじの内装で、ものすごく居心地がいい。レトロでおしゃれとかそういうのじゃなくて、整然としててでも暖かみもあってほんとにいいかんじ。

番外 錦商店街
裏通りにある商店街。わたしがパンをみると興奮するように、マイシスターはおにぎりをみるたびに興奮するということを発見!「いちげんさんですみません、、」とびくびくしながら壬生菜のつけものとか買ってみた。おいしかった!!


8 関西空港内 ロイヤル

なんか照明が青っぽくてスペイシーなかんじで、ボーリング場についてるダイナーみたいなかんじなんだけどなんとなくいいんですよ。フューチャリスティックなんだけどノーフューチャーなかんじがとてもいい。

旅の伴侶のマイシスターは珈琲が苦手につきエブリタイム・ビールでした。かっこいい、、。

b0046664_23052100.jpg

[PR]
by angrofille | 2005-04-20 22:42