映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Diane Arbus Revelations

ビクトリア&アルバートで、写
真家ダイアンアーバスの大回顧展(たしか
ヨーロッパで初)が行われているので行ってきました。


図録(ダイアンアーバス「リベレーション」)が非常にすばらしいので
見てみて下さい。

その図録にも収録されているのですが、
彼女が見た夢のメモがありました。

彼女の撮った写真は時に目を背けたくなるくらい
生々しく痛々しく、強烈に神々しい。
「私たちはこんなに病んでいない」と、
彼女の撮った写真を非常に嫌う被写体もいたそうです。

彼女の見たのは、美しく燃え上がるホテルのなかで
写真が撮れない夢。
とても美しい文章で驚きました。
優れた写真家はみな文章が上手なのはなんでだろう。

夢の中で彼女は写真が撮れなくてものすごく焦っています。

最期は自らの命を絶ってしまった彼女ですが、
もしかして、彼女は常に強烈なものに圧倒されて写真が撮れない
ことに焦っていたのでしょうか?
だとしたら、さぞかし辛かったろうなと思います。

なんだか「知ってるつもり」みたいになってきました。
以下、彼女の文章を日本語に訳したつもりですが、たぶんかなり意訳です。


***************

私は燃え上がるホテルにいた。ものすごく大きくて、真っ白に飾られたゴージャスなホテル。

でも炎はすごくゆっくり燃えていたので、まだみんなホテルの中に自由に出たり入ったりできた。
実際の炎は見えないのだけど、煙が灯りのまわりに分厚くかかっていて、
それがほんとうにきれいだった。

私はすごく急いでいた。そして、私は写真が撮りたかった。ものすごい写真が。

私は自分の部屋に行って、どうしても助け出さなければいけないものを探したのだけど、
どこにあるのかわからなかった。
私のおばあちゃんも近くにいた。たぶん隣の部屋に。
どうしても助けなければいけないものが何なのか、何を探しているのか私にはわからない。

ホテルはもうじき崩壊してしまう。

私は何をすればいい?

写真を撮るとしても、きっとフィルムすらない。もしくはカメラがみつからない。
私はいつも妨害される。

誰もが忙しそうで、その辺をうろついていたけど、それはすごくもの静かで
なんだかゆっくりだった。

エレベーターは金色だった。
まるで沈んでいくタイタニックのよう、、、

私は輝きに包まれていたけど、写真が撮れないことがすごく心配で、
とても混乱していた。

私の人生のすべてがそこにあった。

それはある種の平穏。でも、子どもを出産するときみたいに、
痛々しさがエクスタシーを妨害していた。

世話係が戻るようにあなたに頼む。彼らはまだ準備ができていないのだ。

私は輝きにほぼ圧倒されていたけれど、それ自身に妨害されてもいた。

天井にキューピッドが彫られていた。

たぶん私は写真が撮れないだろう。もし私がカメラと私自身を助け出せるとしても。

たくさんの人がいたのに、私はおかしなくらい一人ぼっちだった。
彼らはまだ姿を現さない。
誰も私にどうすればいいのか教えてくれない。

私は彼らを無視しないように心配していた。
もしくは私が考える何かを彼らにしたのではないかが心配だった。

それはスローモーションの非常事態だった。
私は台風の目の中にいた。
[PR]
by angrofille | 2005-10-29 00:02