映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

こだまのどらやき

今日はママンと初売りにいった。

お昼は141の裏にある三井アーバンホテルの一番上の
レストランで食べた。むかし父が県庁勤務だったころ、
休日出勤の父と落ち合ってここでランチをたべていたなあ、
というのを最近なんだかよく思い出していたのだ。
店内はなんだか薄暗くて、ボーイさんが給仕してくれるレストラン
なので「ナ、ナイフおとしたらひろっちゃいけないんだ、、」とか
思っていたのをおぼえている。
最上階なので、ここからは蔵王と泉が岳と七つ森という山がよくみえる。
冬らしい灰色の空。見るだけでも寒々しい空だ。仙台の色の少ない町並み
が灰色の空に馴染む。店内の内装はずいぶん変わってしまって、ビュッフェみたいな
ものまでできていたけれど、肉の味は10年前に食べたハンバーグステーキの
味(ハンバーグはステーキよりいつも安い)と同じですごく懐かしかった。

その後藤崎に行って福袋を購入。雨チェリ・ストーキングツアー(2人の勤務地を襲撃)
を行い、こだまでどらやきを買った。

どらえもんは何というか知らないが、どらやきといえば宮城県民にはこだまのどらやき
なのである。こだまのやつにはまんなかにおもちが入っているので、
一級上なのである。しかし昨今は生クリーム入りの「生どら」にばかり気を
とられ、スタンダードなどらやきにはとんとご無沙汰だった。
案の定老舗の「こだま」も時代の波に乗ったらしく、総勢10種類の
生どらがカウンターに並んでいた。
大納言、チョコ、マンゴー、カフェ、ブルーベリー、
バナナ、ごま、苺、モンブラン、抹茶

これが何かというとスムージーのメニュー、ではなくてどらやきの
種類なんですね。とりあえず「かたっぱしから全部くれ!!」
と言って購入。おうちでたべてみたところ、これがかなりおいしい。
生地がしっとりさっぱりしていて、ホイップクリームもしっとりしてて
結構外れなくおいしい。
おばあちゃんも「いやー、俺(一人称)はどらやきというのは油っぽくて
食わなくていい菓子という位置づけだったが、このどらやきは
ふわっとしていて非常に旨い。これなら食べる価値がある」と絶賛。
東京進出しないかなあ。
[PR]
by angrofille | 2006-01-02 22:48 | sweets・bread