映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ミー・ウィズアウト・ユー (2001年 イギリス)

いつかははなれていく

ME WITHOUT YOU

本国イギリスのみならず、各国映画祭で好評を得たドラマ。80年代から90年代へ向かう時代を背景に、いつも一緒にいた親友同士の少女2人が、思春期から大人へと成長する過程で経験する様々な出来事を、当時のブリティッシュ・ポップに乗せてノスタルジックに描く。
(all cinema onlineより)

この映画も「バス男」に負けないすごい邦題「私たちはイカレ娘 もう我慢できない!!」
というのがついてます。どんなにセックス&ドラッグ&ロケンロールかと思うじゃないか。
そして全然ちがうじゃないか。そりゃないよな。そりゃない。

割とオシャレな美術設定、時代ごとにかわっていく彼女たちのファッション、
かわいい映画といえばそう言えなくもないが、まあおんなのこの友情クロニクル
を描く映画といえばアニエス・ヴァルダの「歌う女・歌わない女」
やエリック・ロメールの「レネットとミラベル」というどちらも最高の映画
があるが、イギリス映画ってほんと現実的でそうははいかなくて、まあたいてい
おんなのこなかよし二人組といえば顔担当と頭脳担当に分かれるわけで、
そんな二人が「死ぬまでわたしたち一緒よ!」と20年まえに言っていたのにも
関わらず一緒にいたいのにどうしようもなく心が離れていくさまを描く映画です。
まあ、完璧にはなれているわけではないのですが、「サイアミーズ・ツインズ」な
二人の着地点までを描いています。

その着地点に至るまで、とくに英国人はみなゲームが好きというので行われる最後の
ゲーム、登場人物全員で行うかくれんぼのシーンがターニングポイントとなるのですが、
そこにいきつくまでがまた長く、その長さをカイル・マクラクランを見つつ受け入れなければ
ならないのが英国式なんだろうなあと思いました。

でも、そこに行き着くまでを見てほしい。95%の人が時間の無駄だと思うのですが、
水の中のナイフみたいに最後の10分が凄い映画というのは言い過ぎですけども、
最後も甘いとおもうけども、とりあえずわたくしは好きな部類に入る映画でした。

☆(難しい)3.7つ

b0046664_23261344.gif

[PR]
by angrofille | 2006-01-24 23:28 | 映画