映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ミュンヘン (2005 アメリカ)

ミュニック
b0046664_0173525.jpg

1972年9月5日未明、ミュンヘン・オリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団“黒い九月”がイスラエルの選手村を襲撃、最終的にイスラエル選手団の11名が犠牲となる悲劇が起きた。これを受けてイスラエル政府は犠牲者数と同じ11名のパレスチナ幹部の暗殺を決定、諜報機関“モサド”の精鋭5人による暗殺チームを秘密裏に組織する。チームのリーダーに抜擢されたアヴナーは祖国と愛する家族のため、車輌のスペシャリスト、スティーヴ、後処理専門のカール、爆弾製造のロバート、文書偽造を務めるハンスの4人の仲間と共に、ヨーロッパ中に点在するターゲットを確実に仕留めるべく冷酷な任務の遂行にあたるのだが…。
all cinema onlineより

この映画は平和を訴えるために作ったとスピルバーグは言っている。
スピルバーグがこの作品においてどうやって平和を「訴える」かというと、
見る側の良心に訴える方法を全面的に取っている。
すべて映画がお膳立てしてしまわなくてはならないハリウッド映画とこの映画が
質を異にしている理由はそこにある。この映画はまるでヨーロッパ映画のようだ。

主人公はスパイになり、人を殺さなくてはならない状況になる。
スパイになった彼は個人ではなくて国家を背負って人を殺す。
かわいい娘がいるよきパパを、ホテルで人懐っこく話しかけてくるやさしい
おじさんを、イタリアの街角で詩を朗読する陽気なおじさんを、
彼は次の瞬間に殺さなくてはならない。
彼自身が殺したいから、殺したくないからという理由で人の人生を奪い取る
のではない。国家というものの正義に彼は従わなくてはならないのだ。

もし君が、君の国がなくって、じつは君のほんとうの国は誰かの国の上に
あるとなったらどうする?君の父と母が信じて血まみれになって得た国が
ほんとは他の人のものですと言われたらどうする?
しかも君は見た目はその国の人ですらない。僕はドイツ人だよ、といえば
その国の争いからいきなり傍観者になれる。 自分を鏡で見てもどこの国の
人だかわからない。両親が移り住んだ国だから君はそこの国民で、国家に
属するもので、その国家の言う事にすべて従わなくてはならないなんて
ほんとうにバカげていない?

ヴェンダースの「ランドオブプレンティ」でも「僕の故郷は国ではなくて人々だ」
という台詞があったけど、ほんとうは国境とかそんなものは何の意味もなくって、
ほんとうの家は君がキッチンに立っておいしい料理で大好きな人とたのしく
ごはんを食べられるところなのだと思う。

と熱く思ったわけですが井筒監督(監督ってつけてよばなくちゃいけないひと
は大抵ハイプですよね 例:山本カントク) はそう思わなかったというのを、
あの番組で叫びまくってて驚いた。「何が平和だ、人殺しまくってるだけの
映画じゃないか」「映画はテーマを見るものだ。この映画見て平和になりましょう
って誰が思えるんだ」「この映画からは何も学べない」と言ってまたスタジオを
ズンドコにおとしいれていた。特に運悪く司会者だった野球選手はモアイのように
かたまってて気の毒だった。
映画はテーマで見なくてはならないというのは初耳ですけど、そんなに
なんか学びたいなら映画みないで放送大学でも見てればいいじゃないか、、

で、この映画ではほんと見るからににわかスパイの主人公たちがすごくぎこちなく
人を殺してて(しかも顔見知りになってしまった人)、そのぎこちなさが殺す数
が増えるたびに見るからに薄れていって、こんなにいやなことなら人なんか殺したくない
と思うのですが、そう思えない場合はそりゃそれまでというか、じゃああれか
テロップで公共広告機構みたいに「人、殺さない」とか出せばいいのか。これ見て
「ただ人殺してるだけの映画」としか見れないのはそれはそれで凄い。

そしてこの映画をヨーロッパ映画たらしめているのが、フランス俳優陣の異様な豪華さ。
ジャッカルの日、夜霧の恋人たち、メグレ警視のミシェル・ロンズデール、
憎しみ、アメリのマチュー・カソヴィッツ、そして現代のジャン・ピエール・レオー
マチュー・アマルリック!!!!!!
b0046664_0145491.jpg

キャー!!!!!!!!いきなり画面に出てきてびっくり
したら、かなり重要な役どころ!!!!!キャー!!!!!!!!!!スピルバーグさん、やるわねえ!!!!!

もう何がいいたいのかさっぱりわからなくなってしまいましたが、、、、
ピース。

☆4.3つ
[PR]
by angrofille | 2006-02-14 00:18 | 映画