映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

チャーリーとチョコレート工場(2005年 アメリカ/イギリス)

チャーリーとチョコレート工場

笠智衆くらいしか好きな俳優がいないという激シブのマイシスターが最近
「デッドマン」を見て以来ジョニーデップにときめいているので借りてきたのに
妹は帰ってこない、、ひとりで泣きながら見ました。

ティムバートンはシザー・ハンズくらいしか見た事がなかったのですが
(じつはナイトメアビフォアクリスマスを最後まで見続けられなかった、、)
これはむちゃくちゃ素敵だった。

セットもCGも豪華絢爛。あらゆる夢がCGになってる。
冒頭の子供たちのシーンではヴァージンスーサイドくらいガーリーな色合い。
チョコレート工場のなかの色彩が涙がでるほど美しくてかわいらしい。
タツノオトシゴのピンクなボート、七人の小人みたいなチョコレートの川が
流れるはらっぱ、マトリックスみたいなでっかい部屋で何十匹ものリスが
クルミをむく仕事場。こんなに贅沢な映像見せてもらってほんとにありがたい、、

チャーリーはお誕生日にしかチョコレートを買ってもらえないくらい貧乏な家の子。
もちろん清く貧しく正しく美しいチャーリー。
チョコレート工場を見学できるチケットを手に入れたわがままなこどもたちを罰していく
ストーリーは、なんだか七つの大罪を思わせるようで、ファンタジーというか
非常に寓話的なかんじ。道徳を説いている感じすら受けたのがティムバートンでは
異色?もうちょっとストーリーを濃くすることもできたのかもしれないけど、魔法の
表現力のほうに力が入れられているので、説教臭くならずにテンポよくみられるので
これでいいのだと思う。

全体を流れる家族愛みたいなやさしいトーンが非常によろしかった。
じいさんが「夢は必ず叶うんだよ。さあ、つかまえに行きなさい」とか言うところでは
涙が出てしまった。あと歯医者のシーンね、、この映画のじいさんとばあさんたちは
見ただけで涙が出そうなくらいいい感じのじじばばがそろっている。
もちろんジョニーデップも超すてき。この役はジョニーデップ以外考えられないなあ。

☆3.9つ

b0046664_037393.jpg

[PR]
by angrofille | 2006-02-22 00:37 | 映画