映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

シュガシュガルーン

安野モヨコのシュガシュガルーンを読んだ。
魔法の国からやってきたおんなのこ二人が、魔法の女王の座をかけて
人間界でおおあばれ☆
というストーリーにひいてしまい今まで読まずじまいだったのですが、いやいや
ものすごく面白かった。
主人公の魔法使いの女の子、ショコラとバニラは男の子たちがときめいた時に
出るハートの結晶を集める対決をしているのです。それで彼女たちは小学生なのに
「モテる」「モテない」というものさしに乗っからざるを得ないのですが、そこは安野
モヨコなので安易な恋愛至上主義にならずに、そうは言っても恋愛だけが大切な
ことじゃないんだよ、でも恋ってほんとうに素敵なものよねというへんのさじかげんが
非常に読んでいて楽しい。最近のギャルい女性誌はもう「モテ」「モテ」しか言わないし、
他人に受けることでしか自分を計れない風潮が幼い頃から叩き込まれるのかと思うと
おそろしい。ちびっこたちはこの漫画からモテだけでない素敵な人生を学んでくれる
かしら。

昔清水ミチコが「わたしの中にはちいさいおっさんが住んでいて、かわいい女の子とか
を見るとそいつが「おっ、ねえちゃんべっぴんだねえ」とか言うせいで私は普通の女子
ではなくなってしまった」と言っていた。安野モヨコもすごく近いものがあって、どこか
熱狂しつつ冷めた目で見ているところが非常に良い。わたしのなかにもちいさな
おっさんが住んでいて、宮崎あおいなどを見るたびにそいつが「うおっ」と言っている
ので困っているのですが。

シュガシュガルーンはさいきんときめきなどを忘れている大人にとってもおすすめよ。。!
b0046664_0375638.jpg

[PR]
by angrofille | 2006-02-24 00:41 | books