映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アイドルを探せ

春だ。桜も咲いて、みんな恋でもしたくてたまらなくなっているだろう。
ということで今日は素敵なアイドルをご紹介します。

まずは現代のジャンピエールレオーと呼ばれるフランス人俳優の
マチュー・アマルリック
スピルバーグのミュンヘン(2005)
アンドレ・テシネの溺れゆく女(1998)
そしてアルノー・デプレシャンのそして僕は恋をする(1996)、キングス&クイーン
などに出演しています。
b0046664_1432537.jpg

くーーーーーーーーーーーーーーー
この飄々とした顔!!ああこれこそフランス野郎!!たまりませんね!!
彼の父はジャーナリストで、母は文芸評論家。インテリなんですよインテリ
はじめから俳優を志していたわけではなく、ルイ・マル監督の「さよなら子供たち」では
アシスタントをしていたそう。
キングス&クイーンではフランス映画界のオスカー、セザール賞の主演男優賞を受賞
しました。俳優として大成功した今も自ら映画を製作、監督しています。
初めての監督作「MANGE TA SOUPE」はなんと!!ジャン・リュック・ゴダールに絶賛された
という傑作のよう。デプレシャン作品ではちょっと暗めのインテリを演じることが多い
彼ですが、「いつもの僕はアクティブなほうです。こどもたちと山を登ったりしています。」
と語っているように自らの監督作品では明るくて活発なマチューが見れるそう。喉から手が
出るほど見たいです。
しかし彼の出演する次回作が、ソフィアコッポラの「マリーアントワネット」なんですって!!
マチューがソフィアにガンガン指図される様子を勝手に想像して勝手に怒り狂っています
(病気?)



もう一人はピート・ドハーティ
言わずと知れたケイト・モスの元彼で元リバティーンズ、現ベイビーシャンブルズという
ミュージシャン。現存する最後のセックス&ドラッグズ&ロックンローラー。
ポーランド人の堅物野郎が「こいつはテレビで見るたびバカな言動ばっかりしてて、最悪だ」
と眉をひそめていたのですが、そんな風に親が認めないイギーポップみたいに危険なミュー
ジシャンって今いないでしょう。それが凄いところらしい。曲もいいらしいけど実は
「ファック・フォーエバー」という曲しか聞いたことない。ファックフォーエバーって、、

彼にディオール・オムのデザイナーエディスリマンがぞっこんに惚れ込み、彼だけの
写真集を作ったのは有名なはなし。
b0046664_222460.jpg

この写真集、ぱらぱら見るとあまり印象に残らないのですがちょっとじっくり見ると
ピート・ドハーティがたまらなく愛しい生き物に見えてくる。丁寧な装丁といいとてもいい本
です。エディスリマン自身が撮影、構成、デザインまで手がけているそうだ。すごい人は
ほんとに何やってもすごいよな。現在は品切れだそう。
ピートドハーティに惚れているのかエディスリマンに惚れているのかよくわからなくなって
きたが、まあそんな彼のいたリバティーンズの本が出版されたらしい。
音楽がらみの本というのはどうにも微妙なものが多いのですが、この本は曲聞いたこと
なくても楽しめそうな作りなので購入しようと思っております。
b0046664_214088.jpg

日本人のアイドルは菊池成孔かなあ。ユリイカ特集だったね。
[PR]
by angrofille | 2006-03-31 02:18 | 映画