映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Tideland ローズ・イン・タイドランド(2005 イギリス/カナダ)

 『不思議の国のアリス』が大好きな10歳の少女ジェライザ=ローズ。両親が2人ともヤク中で、ある日ついに母親が死んでしまう。慌てた父親はジェライザ=ローズを連れて故郷へと旅立つ。辿り着いた実家は、周囲に何もない草原の中に立つ壊れかけた古い家。着いて間もなく、父親もクスリを打ったまま動かなくなってしまう。一人取り残されたジェライザ=ローズだったが、指にはめた頭だけのバービー人形を相手にしながら周囲の探索を開始するのだった…。

ブラザーズ・グリムができそこないのユーロディズニーだったテリー・ギリアム
だったが、「グリムと違ってハリウッドを気にせずのびのびできた」
この作品はかなりぶっちぎれていた。
「ヤク中の両親に取り残されて妄想の世界に逃げる少女」というあらすじから
ちょっとおかしいメルヘンワールド?なんて思ってたら彼は私の予想の斜め上を
行っていた。

主人公のジョデル・フェルランドちゃんがすさまじく芸達者ですさまじくエロくて
一人で人形の声もやって対話してほんとにびっくりする。こんな映画15禁じゃ
ないのか? このエロな感じは「ロリータ」越えまくってるよ。日本よりロリータ趣味
に厳しい欧米でこれがよく公開できたわね〜。

親がいなくなったジョデルちゃんは人形の首と一人でぺちゃくちゃしゃべりながら
美しい麦畑のむこうにいる剥製師の女デルと知恵おくれの弟ディケンズと出会う。
友達のいなかったジョデルちゃんは奇人の二人と一生懸命友達になろうとして、
ディケンズには友情以上の感情を持つ。。
二人が手をつないで金色の麦畑を走るシーンはああなんて幸せそうなんだろう
、こんなのみたことないとなみだぐんでしまった。知恵おくれの子とのラブストーリー
って「スクエア・ダンス」を思い出した。

とにかくこの映画登場人物が少ない(エンドロールで10人くらいしかいない!)のに
登場する全員が奇人変人。まともな人間が一人もでてこない!ピンクフラミンゴか!
皆さん、テリーギリアムはますますおかしくなって帰ってきました。

☆3.9つ
b0046664_0465170.jpg

[PR]
by angrofille | 2006-07-31 00:49 | 映画