映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

トランスアメリカ / TRANSAMERICA(2006年 アメリカ)

トランスアメリカ / TRANSAMERICA
シネスイッチで立ち見でみてきました。

男性であることに違和感を持つブリー(フェリシティ・ハフマン)は、肉体的にも
女性になるため最後の手術を控えていた。そんな“彼女”の前に、突然トピー
(ケヴィン・ゼガーズ)という少年が出現。彼はブリーが男だったころに出来た
息子であることが判明するが、女性になりたい“彼女”は彼を養父の元へ送り
返そうとする……。シネマトゥデイより(画像も)

全体的なトーンとしてたいへんあたたかくユーモアのある映画で、劇場は
しばしば爆笑の渦がおこっていました。どうみてもオカマにしか見えない
フェリシティ・ハフマンの演技も女子垂涎のケヴィン・ゼガーズもすばらしく、
脇をかためる俳優もみな味があって飽きる事なく見れる秀作。

穏やかすぎて物足りないとちょっと思ったのですが、トランスジェンダーで自分を
必要以上に女らしく装う主人公が愛しくなってくる、そんな映画です。

b0046664_23401684.jpg

鼻血が出そうな美少年。アホまるだしのしゃべり方とのギャップがよい。
b0046664_23402551.jpg

手術前はどーみても男なのに、手術後はいきなり女の人になるのがすごかった。
b0046664_23403727.jpg

パパとママ。ママこわすぎ。

☆3.6つ

炎上メモ
猫を仕分けるバイトで炎上
[PR]
by angrofille | 2006-08-28 23:47 | 映画