映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

40歳の童貞男(2005年 アメリカ)

40歳の童貞男(2005年 アメリカ)

電気店で働くアンディは、フィギュア収集やテレビゲームをこよなく
愛するオタクな40歳の独身男。ある日、アンディはひょんなことから
自分が童貞である事実を仕事仲間であるデビッド、ジェイ、キャルたち
に知られてしまう。驚いた3人はどうにかしてアンディに初体験をさせ
ようといろいろ世話を焼き始める。

all cinema online より

みうらじゅんも応援している?
というこの作品、去年イギリスにいる時に
公開されて話題になっていてずっと見たかったんです。
「バス男」のようなスットコドッコイな邦題もつかず、ビデオスルーじゃなくて
劇場公開してくれてユニバーサルさんありがとう、、。ただ練馬のユナイテッド
シネマとしまえんと大阪岸和田だけで公開という微妙な立地がはまっててウケます。

内容はもちろんしょうもないシモネタのオンパレード。ゴリラのような胸毛を
ワックスで脱毛されて血まみれになったり、「酔っぱらった女を狙え!」と言われて
ひっかけた女の飲酒運転で死にかけたりもうめちゃくちゃ。彼の仲間の同僚も
そろって頭のネジが飛んでいて笑えます。個人的にウケたのは「おまえはコールド
プレイを聴いているからゲイだ」というギャグ。

この作品の裏テーマとしてあるのが、主人公アンディの大人の階段。
彼の部屋はフィギュアで埋め尽くされていて(彼女が来る時隠すのがウケる)、ゲーム
専用のソファで暴力的なゲームをしたりフィギュアの彩色をすることに彼の人生を
費やしている。大人の責任というものがなく、まるで15歳の少年なんである。
もう40なのに。そしてDTなのに。(わたしも人のことはまったく言えませんが)
そんな彼がDTを捨てようとする道のりは、彼が大人になる道のりでもあるのだ。

エンディングの「アクエリアス」は爆笑でしたが練馬区では誰も笑っていませんでした
(あたりまえ)。

☆3.6つ
b0046664_5462965.jpg

オリコン記事
[PR]
by angrofille | 2006-09-18 05:46