映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ルペ・フィアスコのデビューアルバムが素晴しい

昨日はかおりさんとユカちゃんと吉祥寺散策。かえりにかおりさんと
あしかホテル(いっつもかもめ食堂と言い間違える)でごちそうになって、
マッセのデキル女スーツをいただいた上に乙女ブックいろいろまでお借り
してしまいそれは幸せな一日でした。明日死ぬかもしれません。

で、さいきんろくにブログで文章書いてないのでひさびさになんか書こうと
思いました。外は気絶するくらい美しい秋ばれです。

このルペ・フィアスコはこんな人↓
彼はカニエ・ウェスト(Kanye West)のヒット曲"Touch the Sky"に
フィーチャーされるなど、カニエのバックアップを受けてメジャー契約
を果たした新人ラッパー。そのデビュー作は[ア・トライブコールド・クエスト]
(A Tribe Called Quest)などの流れをくむ、非ギャングスタラップの傑作と
して期待されていたにも関わらず、ネット上に流出したことから発売が延期に。


ようやく出たこのアルバムが素晴しい!
その名も「Kick,Push」というスケボー讃歌の先行シングルは美しいビッグバンド調の
ストリングスにゆるいラップがからむ名曲だったのですが、アルバム収録曲もはずれなし。
ファレルによるピアノとアコーディオンのメランコリックなループが泣けるI gochaや
ジルスコットをフィーチャリングしたソフトロック調のDay dreamin'、Jay-Zとのpressureは
まるでデオダートみたいだし、ヒップホップを普段聴かない人にも楽しめる最高の
アルバムでした。

ビッグバンド調とかクラシックな音楽をヒップホップにするのはアングラヒップホップだと
よく聴くんですが、そうするとどうしてもとってつけた印象になってしまう。
このアルバムがアングラでないメジャーで通用するのは、ルペ・フィアスコの存在感のある声と
キャッチーでパンチのきいたラップがあるからに違いありま栓。
もともとジャイルスがものすごく推してて知ったんですが、BBCでもライブしてました。
ただトラックかけてなんか椅子に座って歌ってそうだったんですけど、すごく上手かった。
このアルバムはエヴァーグリーン誕生だと思うね〜〜
b0046664_1133559.jpg

[PR]
by angrofille | 2006-10-08 11:03 | music