映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アフターダーク

さいきんほとんど本読んでない。脳がスポンジ状になりかけている。

昔は割と熱心なファンだったと思うのですが、学生でなくなってからは
つきものがおちたように興味が薄くなってしまった村上春樹。
さいきん読んだ遠い太鼓や海辺のカフカがたいへんおもしろかったので、
アフターダークをようやく読んだ。
あらすじ
何かをやり過ごそうとするように真夜中の街に留まる少女・浅井マリと、静かに純粋に眠り続ける浅井エリ、物語は二つの視点から交互に展開される。

真夜中のデニーズで、浅井マリはひとり熱心に本を読んでいた。そこに彼女を知るという青年・タカハシが声をかけてくる。
一方、暗い部屋の中でひとり眠り続ける、マリの姉エリ。その部屋の片隅にあるテレビが、0時ちょうどになった瞬間奇妙な音を立て始め、そして不可解な映像を映し出す。

b0046664_1201760.jpg

で、これは19歳の女の子浅井マリが主人公なんですが、いままで村上春樹で
女の子の主人公ってありましたっけ、、?(うろおぼえ)
この女がまた内面屈折してますみたいなのがむきだしのひねくれた
嫌な女で、読んでるだけで腹が立つ。

姉は「化粧と占いとダイエットにしか興味がない美人のタレント女子大生」、浅井マリは
「中国語がぺらぺらで容姿などから姉にコンプレックスをもつ内向的な真面目女子」と
いう対比。俗っぽいテーマに感じられてしまい、興味をそそられず。そうこうしてるうちに
とっとと物語が終わってしまった。

デニーズ、セブンイレブン、スターバックス、ラブホテル、タレント女子大生、
村上春樹はがんばっていまの歪んだ日本の後ろにあるぶよぶよしたものを描こうと
したのかな〜と思ったら彼の立ち向かうものの大きさに鳥肌が立った(たぶん妄想)。
今回は失敗したけど、がんばれ春樹!!

舞台のラブホテルが「アルファヴィル」っていう名前で、あれ?って思ったらこの女(浅井マリ)
「アルファヴィルって、わたしのいちばん好きな映画だから。ジャン・リュック・ゴダールの」
とか言うんですよ。村上春樹にゴダールが出てくるって猛烈に変な感じがする。
関係ないけどアルファヴィルはゴダール映画のなかでも評価のあまり高くない映画
です。宇川直宏のフェイバリットらしい。わたしも大好きです。
b0046664_122513.jpg

こどもof仙台
[PR]
by angrofille | 2006-12-19 01:23 | books