映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

世界最速のインディアン(2005年 ニュージーランド/アメリカ)

わたしが映画を見ていちばん幸せな瞬間って、自分が体験できないよ
うな世界を見せてくれて、画面の向こうにいる人物をすごく好きになって、
まるで古くから知っている友達が増えたような気持ちになれること。
この映画は、まさにそんな映画の醍醐味を味わえる素晴しい作品です。

オフィシャル

時は60年代。
60歳すぎのニュージーランドのじいさん、バート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)。
b0046664_1185166.jpg

© Magnolia Pictures
昔からスピード狂で、40年前に出会った「インディアン」というバイクに惚れ込んで、
今風のバイクには目もくれず自宅のガレージ(というか貧乏なのでガレージが自宅)
でカスタマイズしつづけている。
騒音で近所に迷惑がられ、隣に住む子供だけが彼の味方。
b0046664_1234272.jpg

© Magnolia Pictures

じいさんの夢は地球の裏側にあるアメリカのボンヌヴィル塩平原で行われる
バイクレースの世界大会に出場すること。↓ここね
b0046664_1174214.jpg

© Magnolia Pictures
しかし60年代に外国に行くのは大変なこと。
お金もないしコネもない。大会が迫っても自慢のマシンはカーブを曲がれず地元の
ヤンキーとのバイクレースにも負けるし、果たしてアメリカの地を踏めるかもあやしくなって、、
というあらすじ。

逆境におかれてもいつも礼儀とユーモアを忘れず、ひたすら夢に向かって突き進む
バート・マンローは誰もが声援を送りたくなってしまうはず。出てくる人がみんな
いい人で、実話らしけどおとぎ話のよう。
主人公がレーサーの「ストレイト・ストーリー」ってかんじでしょうか。
彼の人柄に触れて、見終わった後心があたたかくなってしまう作品でした。
こんなにわくわくさせてくれる映画は久しくなかった!まわりのお客さんも笑顔だった気
がします。友人と恋人と家族と、誰とみても楽しい映画です。

☆4つ
b0046664_0484568.jpg


「世界最速のインディアン」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by angrofille | 2007-03-25 00:48 | 映画