映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年 イギリス)

タランティーノも絶賛する、イギリスで大ヒットしたゾンビコメディ映画。
遅ればせながら鑑賞したところ、これはイギリスコメディ映画の紛れもない大傑作!!
死ぬほど笑った!こちら公式

ロンドンに暮らすショーンは、いい歳して人生の目標や目的を持たぬまま、
親友のエドとパブに入り浸るばかりの冴えない毎日を送っていた。そんな彼に
長年の恋人リズもついに愛想を尽かしてしまう。このままではいけないと自覚した
ショーンは、リズとヨリを戻すため、これまでのだらしない生活を改めようと決意する。
ところが、ショーンが恋人のことで頭がいっぱいになっている間に、街にはゾンビが溢れ、
生きた人間を次々と襲っていたのだった…。
(all cinemaより)


主人公ショーンと二人で主役を張るのは幼なじみのフラットメイト、エド。このエドが
仕事もしないで一日テレビゲームやってるニートのキモオタ。リズはショーンとのデート
にもエドがくっついてくるのも不満だったのです。しかもデートといっても行きつけのパブに
行ってビール飲んでピンボールするだけ。
マドンナのドキュメンタリーで見たガイリッチーが似たような生活でしたが、エドは生粋の
ダメ人間。そりゃリズもイヤになるわ。

ふられてパブでのんだくれ、二日酔いで目覚めた朝、近所の食料品店に出かけたショーン。
街の様子がいつもと違うのには全く気づかず、家の庭に突っ立ている女に「あんた
酔っぱらってるのか?!」と話しかける。
女が振り向くと、胸には「マリー」と書かれた名札が!女はショーンを押し倒してこんな朝
から迫ってきた!のではなく、女はゾンビだった!

ゾンビを倒すため、家にあったレコードを投げつける二人。
「レア盤も混じってるから注意しろよ!」
「ブルーマンデーはいいか!」
「それはオレが生まれて2番目に買ったレコードだからダメだ!」
みたいなかんじで、ゾンビに襲われてるのに緊張感ゼロ。

結局物置にあったクリケットのラケットを武器に、町中にあふれるゾンビから母と義父を
救い出し、リズを守ってよりを戻そうと決めるショーン。ゾンビに喰われた人間はゾンビ化
してしまうので、みんなを行きつけのパブにかくまおうと計画する(ビールもあるし)。
全然頼りにならない相棒エドと一緒に、ショーンは家族と元恋人を守れるのか?!

日常から少しずれたところで物事が進行するイギリスのコメディのいいところが
ぜんぶ詰まった素晴しい作品です。
キャラクターも愛着が持てるし、作品の進むテンポも最高!イギリス映画らしく、音楽と
画面がぴったり合ってて見てて凄く楽しいです。
Queenに合わせてゾンビをボコボコにする名シーンは必見!
普段ホラーは全く見ないんですが、これは本当に楽しめました。

この監督のエドガー・ライトと主演のサイモン・ペグ二人の新作もすごくいい出来らしいので今からすごく楽しみです。

☆4つ
b0046664_225561.jpg

[PR]
by angrofille | 2007-07-17 21:59 | 映画