映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:journey( 24 )

あと1週間

ヨーロッパ滞在もあと1週間。
かえりたくない。。
というと、さぞかし毎日楽しく過ごしているんだろうと
思われるかもしれないが、
・お金がない
・ので学校いけない
・友人もほとんどいない
・英語もたいしてできない
というわけで、毎日さみしくて死にそうになっており、
どちらかというと楽しい日の方が少ない。

それでもなぜ帰りたくないと思うのかというと、
自分はヨーロッパ的なものが本当に好きなようで、
みるものふれるものすべてがわたくしを喜ばしめるのである。

だがしかしほんとにただ「好きなだけ」なのだ。
それってよくない。何も生み出さない。
日本に帰って、自分の居場所を作らないといけない。
日本でも、世界のどこでもいいから自分の居場所を。
ああ、お寿司がたべたい。まわるやつでいいから。
b0046664_08092.jpg

[PR]
by angrofille | 2005-11-07 00:10 | journey

かえりたくない

いまおきまりのアップルストアにいるのですが、
うしろの席にいる人からいきなり話しかけられ、
「IEよりicabっていうブラウザのほうが早いよ!!使ってみなよ!!」
と言われて使ってみてます。確かに早い。けど、日本語表示が
すごく読みにくい。。これってなんでだろう??

なんかそうやって知らない人に話しかけられるのってすごい。
ああ心を開いてる人になりたい。

どこの国も美しい。でも、
ロンドンに戻ってくると、異様に安心します。
ああすべてが美しく見える。
もういやだ帰りたくない。

恋人に会えなくてさみしくないのかと皆言いますが、
これが全くさみしくない。1ヶ月くらい電話もしてないや。
思い出すのは辛い思い出ばかり(笑、、えない)
日頃の行いというのはこういうときにでるもんだなと思った。
みんな恋人には常日頃からやさしくしよう。
[PR]
by angrofille | 2005-11-03 02:56 | journey

meet the pope

b0046664_291518.jpg

じゃーん!!
え?さっぱり見えない?

私もよく見えませんでした。
それが誰かと言うと、ローマ法王です
ああ、、、すごいなあ。

毎週日曜、正午に謁見するんだって。
イタリア語でなにか説教したあと、5カ国語くらいで
広場に集まった人に祝福するのですが、
盛り上がるスパニッシュ、フレンチをよそに
「イングリッシュスピーカーの巡礼者のみなさん、、」
「来てくれて感謝します。」
「平和を祈ります」

以上?!以上?!
英語圏はみんなプロテスタントだから、バチカンに
巡礼に来る人って少ないんだろうなあ。
[PR]
by angrofille | 2005-11-03 02:13 | journey
誰かと聞かれたら、六本木ヒルズを通りかかったら
ラストサムライの宣伝で来てたトムクルーズでした。
道歩いててトムクルーズみるかねすげえな東京と
思っていたのですが。

ローマでもっとすごいセレブを見てきましたよ!!
[PR]
by angrofille | 2005-11-03 02:07 | journey
ローマの道を歩いていたら、
ボルゲーゼ公園前にこんな看板が!!!
ラルゴってなんだろう?
b0046664_213232.jpg

そしたら、公園内にこんな看板まで!!
もう失神寸前!!
b0046664_225562.jpg

やっぱりイタリアは古い映画も身近なものなのかも。
[PR]
by angrofille | 2005-11-03 02:03 | journey

ローマで夜だった

空港を出た瞬間に目にしたものが心を掴まなかったとしたら、その街は自分に合わない。

私はいつも安い飛行機を使うので、マイナーな空港に到着する。
ローマはもちろんダビンチ空港ではなくて、シャンピノとかいう誰もきいたこと
ないような空港だった。

空港を出た瞬間、天を突くように高い松の木が道路沿いに延びていて、
本当に美しかった。アンリ・ルソーの描くような木は、アフリカとかじゃなくて
こんなところにあるのかとびっくりした。
もう当分帰りたくないと思った。

地下鉄に乗ったら、チネチッタという駅があって、
たまらず行ってみた。
しかし一般の人が入場できるわけもなく、
近くのスーパーで買い物してかえってきた(なにやってんだ)

しかたがないのでトレビの泉にいって、すさまじい数の
観光客にまぎれて「甘い生活」を想った。
夜中に忍び込んで水浴びしたかった。
b0046664_1552153.jpg

[PR]
by angrofille | 2005-11-03 01:56 | journey
朝の番組を見るのが好きだ。

一番のお気に入りはでっかい熊と
かわいいねずみがうたっておどるこれ!

フランスでもやってた。
ヨーロッパではたいてい朝、ひとつもふたつもチャンネルを占領して
何時間も子供番組が続く。

で、いつものようにスペインのホテルで朝番組をチェックしていたら、
「コチカーメ、コチカーメ」としきりに言っていて、なにかと思ったら
こち亀がテレビで放映されてる!!両さんスペイン語しゃべってる!!
スペインではむかしどらえもんが放映されてて、みんなどらえもんは
知ってるというのは聞いていたのだけど、こち亀とはびっくりだ。
こんなドメスティックなアニメ、スペイン人は楽しいのかしら?
楽しいならいいんだけど、、。
[PR]
by ANGROFILLE | 2005-10-27 23:02 | journey

パエーリア

さて、どん底貧乏旅行でも地方の名物くらいは食べたい。
そしてやはりスペインといえばパエリア!!米!!
フランス→スペインときてほんとにパンしかたべてない。

ここサンチアゴデコンポステラには旧市街地があり、
石畳が連なるとってもロマンチックなところ。
ぶらぶら歩いているうち、「パエリア5ユーロ」
の激安レストランを発見し、突撃してみた。

とってもうらぶれたレストランである。
店の入り口では近所のおやじかなにかが
いっしょうけんめいスロットのゲームをしていて、
その音が店内に響き渡る。
不満ありげに店番するおばちゃん。(そりゃ不満あるだろう)
店内にお客さんはゼロ。
17時はまだスペイン人にはおやつの時間なので、
誰も食事している人はいない。

パエリアと白ワインを頼む。
おばちゃんがグラスにこぼれるくらい白ワインを注ぐ。
さっぱりしていてものすごくおいしい。
つけあわせのパンが巨大で、バター使ってないっぽいのに
すごくもちもちしてておいしい。

どうやら息子みたいのが帰ってきて、
厨房から料理を取り出して店のテーブルで食べ始める。

数分後、電子レンジの音のあと、鉄なべでなく白い皿に
盛られたパエリアをもってくるおばちゃん、、。

レンジでチンしたパエリアは、日本の冷凍と同じ味だった。
いやあ、懐かしいなあー

じゃないっつーの

あと、町中のギャラリーでジュリアンオピー展がいきなりやってて
びびった。日本で言うと、こんぴらさんみたいなとこでいきなり
現代美術のギャラリーがあるかんじ。
すごいなスペイン。
[PR]
by angrofille | 2005-10-25 03:26 | journey
現在スペインの西のはじ、ガリシア地方にある
サンチアゴデコンポステラという町にきております。

スペインの人はみんな夜型。
いま日曜のよるの11じはんですが、
バーもレストランもあいてて、おじいちゃんとかも
ぶらぶら町をあるいています。

ていうかスペインは物価が安くて食べ物がおいしくて
スペイン語はなせない私にもみなやさしい。
あと、町とか看板もかわいい。
うーーーーん、素敵だ。さいこうだ。
イギリスと協議離婚しようかなあ。。
[PR]
by angrofille | 2005-10-24 06:35 | journey

見る前に飛べ

※今後の予定
本日夜にビクトリアを出発
朝7時 グラスゴー着
その日のうちに湖水地方に移動。
水曜朝バーミンガム経由のバスでロンドン

20日 フランス、ルルド
23日 バスクのサンセバスチャンからサンティアゴコンポステラに移動
25日 サンティアゴからロンドンに戻る

そのあとコッツウオルズとかイギリス国内を小旅行。

29日 ローマ バチカン
11月1日夜 ロンドンに戻る

その後帰国いたします。
ドイツもオランダも北欧もいけなさそうです。トホホのホ
[PR]
by angrofille | 2005-10-16 20:45 | journey