映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:海外番組( 5 )

Autumn arrives Sun at 2:51am

秋は日曜日の午前 2:51 にやってくるというブログ記事を読み、あまりにロマンチックなフレーズでしばらくフリーズしてしまった。アメリカでは太陽が赤道を通る一瞬の時間のことを季節の変わり目としているらしい。ということはだいぶ涼しくなったある日曜の2:51になると黒いスーツに身を包んだ秋がやってきてチャイムを鳴らし、ビーサン姿の夏はいやいや家を出て行くというわけだな。
b0046664_4535921.jpg

[PR]
by angrofille | 2007-12-13 04:52 | 海外番組

Stephen Colbertに一票

今頃知ったんですが、アメリカのコメディアンStephen Colbert(スティーブン・コルベール)が大統領選に出馬したんですね。

Stephen ColbertはアメリカのTVチャンネル「コメディ・セントラル」で看板番組"The Colbert Report" の司会を務めるコメディアン。ブッシュとの食事会で過激なスピーチをしたり、「アメリカでもっとも影響力のある人物」に選ばれたりしてる超人気者です。"The Colbert Report"は英語があんまりわからなくてもコルベールが司会としてめちゃくちゃなので見てるだけでとっても面白い。とりあえず飛び回るし、ゲストにも失礼な口をたたいてヴァージンの社長からは水かけられたり。ここでみれます

でもDemocratic Nominationに出てないってことは出馬できなかったのかな~。サウスカロライナでドリトスをボリボリ食べながら、テキトーに市民の話を聞いて銃を買ったりして選挙活動してた努力が実らなかったようで、サウスカロライナの民主党のおばちゃんに「今回はちょっと、、。また4年後もあるから、、。」って番組で断られてました。無所属で出馬ってできないの?それか共和党で出るとかw 結局だめだったのか。残念。とりあえずコルベールに投票するためにアメリカ市民権がほしかった(つくづく非国民ですね)。
b0046664_112389.jpg

[PR]
by angrofille | 2007-11-12 01:18 | 海外番組

調和

いまSex and the cityの最終話を見終えました。
感動した!!!
ガールズがみんな人間的にすごく成長して(涙)みんないままでいろいろつらいこともあったけど、それぞれ歩いてきた道が美しく調和して、包容力のある素晴らしい女性になったわね(涙)(涙)(涙) さて、また最初から見るか、、

高野文子の漫画「黄色い本」に収められている「ジャック・チボーという名の友人」では、日本のど田舎に住む、工場に就職をひかえた主人公が、図書館で借りたフランスの大河小説「チボー家の人々」にどっぷりはまっている日々が描かれている。日本のど田舎の女子高生にはフランスのブルジョワとはぜんぜん共通点がないけど、彼女にとっては海のむこうの小説の登場人物が一生の友達になるのね。昔の人が「若草物語」の登場人物にシンパシーを抱いたように、私にはアメリカのケーブルテレビのテレビドラマが一生の心の友達になるんだわ~。いや~友達ってほんとうにいいですね。
b0046664_0492526.jpg


&今日は東京都現代美術館の[SPACE FOR YOUR FUTURE]内覧会に。「アート・ファッション・建築・デザイン...分野と領域を超えて活躍する13ヶ国34アーティスト/クリエーターが提案する未来のコミュニケーション・スペース。」とのこと。いろいろなジャンルのアートが一堂にあつまってて、かなりスタイリッシュで刺激的なエキシビジョンです。ぜひいってみてください。
[PR]
by angrofille | 2007-10-27 00:49 | 海外番組

Four New Friends of mine

ブログの更新がさぼり気味なのは、”利権ディスカウント”で2ヶ月無料で入らされた「オンデマンドTV」にてドラマ「Sex and the city」が全話視聴可能なせいです。10月末までだから、それまでに全話みないと!

LaLa TVとかでちょくちょく見て面白いなとは思っていたのですが、いざ本腰を入れて見始めるとこれがもう止まらない。「アメリカ、ニューヨークに住む30代の独身女性4人の日常生活をコミカルに描かれた作品。」で、4人のキャラがたってて大変感情移入して見てしまいます。
伊勢丹の靴売り場に行った時も「この真っ赤なピンヒールはサマンサ(が好きそうな)の靴、このピンクのフリフリのやつはシャーロット、このシルバーのサンダルはキャリーでミランダはこっちの黒のパンプスが似合うわね・・」とか考えてしまったりして妹にドン引きされたりするくらいはまりまくっている今日この頃。それもこれもさっき言ったようにキャラがすごくたってて、お話がよくできているから。

これからついに最終話を見るにあたり、なんだか自分のすごく大事な人の人生に区切りがつく前のようにそわそわしています。さっき弟に電話で「あんたは何でもすぐはまりすぎ」と言われたのだが、まんまと染まりまくってる自分がかなりキモい。でもいいの!幸せだから!
b0046664_0484571.jpg

[PR]
by angrofille | 2007-10-26 00:42 | 海外番組

Weeds〜ママの秘密

日本のテレビってほんとに視聴率さがりまくってて大変みたいね。
たしかにタレント頼みで質が下がったのもあるけど、アメリカの
テレビ番組は面白すぎるしそれが手軽に見れちゃうのもネットと
おなじく地上波離れの原因ではないかと思うわ。

で、最近のおすすめはFox lifeHDで放送されている
Weeds〜ママの秘密
日本だとyahoo動画でも配信されています。※macだと見れません(悲)
わたしが見たのは第2シーズンだけなんですけど、これはほんと面白い!
とぼけた曲にのせた小粋なオープニング映像からもうオススメ!!

アメリカでは現在第3シーズンまで制作され、主演のメアリー=ルイーズ・
パーカーは2006年ゴールデン・グローブ賞最優秀主演女優賞を受賞し、
2007年の主演女優賞にもノミネート!もう大フィーバー!

あらすじは
夫を亡くしたシングルマザーが二人の息子を育てるために始めた仕事、、
そ・れ・はなんとマリファナの売人!子供は反抗期でガールフレンドを妊娠
されるし、できた彼氏は麻薬捜査官だし、子供のおじさんは「女性経験がない」
と言った息子を売春宿に連れて行くし、出てくる人が全員変人のオンパレード!!

ホームドラマにしては設定がきついのでは?とお思いかもしれませんが、登場人物が
全員至って呑気なので、作品全体がのほほんとしています。こういう出てくる人が
全員変人みたいなドラマってすごくバランスが難しいんですよね。
同じく私が大好きなコメディドラマ「マルコム・イン・ザ・ミドル」もすごく
楽しいドラマだったけど、Weedsはもっとモダンでスタイリッシュでブラック
ジョーク満載。
個人的にウケたのはどぎつい性格の主婦役を演じているエリザベス・パーキンス。
この人は出てくるだけで笑えるくらいいい味出してます。
制作はHBOのライバル局Showtime。今後とも注目です。
b0046664_23481737.jpg

[PR]
by angrofille | 2007-07-30 23:41 | 海外番組