映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:現代美術( 30 )

MADSAKIの初の個展「adidas - ALL DAY I DREAM ABOUT SUNSEX」プレビュー。会場の目黒ライスファクトリーは池尻大橋の大きなギャラリー。使い心地がよさそう。とりあえず会場の前に超絶オシャレな人がたくさんいて逃げ出したくなった。みんなスケボー持ってるし…あまつさえ背中にしょってたりして… 作品はほんとに巨大だった。機会があればぜひ行ってみてください。
b0046664_6275587.jpg

[PR]
by angrofille | 2007-12-15 06:31 | 現代美術
MOTIVATION 6 Adult Oriented Click Nonstop-Mix by MOODMAN
b0046664_11341382.jpg
宇川直宏さんデザイン。Adult Orientedだけに口紅!紫の煙!そして成人式のプリクラって!

Well Deep : 10 Years Of Big Dada
b0046664_11344855.jpg

Well Deep : 10 Years Of Big Dada(DVD)
b0046664_11403550.jpg
イギリスのレーベルBig Dadaのベスト盤。上はベスト盤CD、下はDVDのジャケ。美術館に陳列するケースの中に、いままでのリリース作が入ってる。ベスト盤のジャケとして、ものすごく気の利いたアイデアだと思った。これはほしいな。
[PR]
by angrofille | 2007-12-14 11:37 | 現代美術

絵とお菓子

神楽坂のカフェardishで行われているイワサキユキコさんの個展に伺ったところ、作品とコラボしたデザートがあったので頼んでみた。
b0046664_18243675.jpg

カ、カワイー!超かわいい!白いところはメレンゲで、苺のスライスの下にはピンクのマシュマロの塊。下のソースはストロベリー。そんで生のお花やザクロをトッピング。まさしくガーリーが具現化したようなラブリーすぎるお菓子!お味についてはコメントを控えさせていただきますが、作品を鑑賞すると思ってオーダーする価値がある素敵なお菓子です!
[PR]
by angrofille | 2007-12-06 18:32 | 現代美術

イタリア街

熊さん、汐留にイタリアができたそうじゃねえか!

ということで行ってきた。いま、ブルーノ・ムナーリの展覧会がShiodome Italiaというとこで行われてるんですよ。このへんはイタリア風のたてものを建てて町おこしをしようという魂胆らしい。イタリアとはたぶん何のゆかりもなく、イタリア人は間違いなく来ないと思いますが、どうしてもやりたいというならやればいいさ。
b0046664_22372147.jpg

ブラビッシモー!!みたいな。ミラノを意識されてるのかしら?どうせなら海も近いしヴェネチアとかにすればいいのに。ここの広場は広場じゃなくて、名前のついてる公園みたい。日本って公有の広場をつくるのはむずかしいのだろうか?とりあえず一見オシャレですが、まともに開いてるお店がカレーやの「ココ一番」くらいしかないのが痛い。セガフレドでもおけばいいのに、、。
b0046664_22373522.jpg

また、こちらのイタリア街のメインアトラクションはなんと場外競馬場。左の手前のビルに、でっかい場外競馬場があるらしくって、馬券があたらない方などが肩を落として歩いている。奥のShiodome Italiaのビルにはハイソなテナントがはいっていますが、これではハイソもなにもないのでは、、。
b0046664_22375453.jpg

ブルーノ・ムナーリのブックデザインがちょうかわいかったです。イタリア風なんかより江戸風の街並みにしたほうが観光客も来ていいと思う。はりぼてのヨーロッパ風建築なんかラブホだけで十分だと思わないか?
[PR]
by angrofille | 2007-12-03 22:44 | 現代美術

Cut&Paste

昨日、多摩川での恒例のいもに大会で超エンジョイしたあと、燻製の香りの衣類を脱ぎ捨て渋谷のクラブWOMBで行われたグラフィック・デザインのバトルロイヤル「Cut&Paste(カット&ペースト)」にいってきました。

<一次予選を勝ち抜いた8人のデザイナーがステージ上でガチンコ勝負
<作品は15分以内に仕上げること。出来合いの素材は使用不可。
<使用する機材とツールはApple MacPro ワークステーション、Adobe Creative Suite 3、そしてWacom Cintiqインタラクティブ・ペン・ディスプレイ。

という文化系と対極にあるバトルロイヤルがリアルタイムで繰り広げられるんですけど、格闘技と同じで見てるほうもアドレナリンでまくりで楽しかった!来年はもっと規模を大きくして、東京ドームとかでやったら楽しいんじゃないかしら~☆

b0046664_22475588.jpg
ステージ上はこんなかんじ
b0046664_2248358.jpg
巨大プロジェクターで作業がまるみえ(けっこうためになる)
b0046664_22481685.jpg
決勝はこのふたり!(うしろは審査員の大日本タイポ組合さんたち)


やることが鬼のようにたまってるんですけど、現実逃避でブログを更新してみたり、、クルックで行われたシアタープロダクツの音楽レーベル、シアタームジカ主催の阿部海太郎さん演奏会も激しくよかったんですけど、それはまた後で~!
[PR]
by angrofille | 2007-11-04 22:54 | 現代美術
ちょっと雨降ってるな~と思って外出したところすさまじい台風だった、、。

なぜ外出したかというと、グラフィックデザイナー服部一成氏の3年ぶりの個展「視覚伝達」トークショー。今日はホンマタカシさんとのトークで、ライトパブリシティ出身のお二人が「細谷巌の呪い」wについて語る充実した2時間でした。

細谷さんは広告とかのデザインをするとき、ラフに写真の影の状態まで書いて指定するそう。「キューピーとかの広告を見るとまるで写真を活かしたデザインを心がけているみたいだけど、実は写真から細谷さんの頭の中で作りだしたイメージを再現しているんだよね」と、目から鱗の情報が盛りだくさん。

細谷さんのデザインは強烈な主張というものはないんだけど写真と文章の使い方がすごく上品で、その影響というのはあまり目立ったかたちでは見えないけどすさまじいものがあるそう。

服部さんは「花椿」の仲條正義さんのデザインもすごく好きなんだけど、独立してしばらくたっても自分の仕事を考えているふとした瞬間に「これって細谷さんのやってたことじゃん」とびっくりすることがあるそうだ。うーん、まさに呪い。お二人がつい最近細谷氏の家の近くに立ち寄る機会があって、ピンポンダッシュしたとかまでW 愛情、ねじれすぎですよ!

「視覚伝達」展では服部さんのデザインしたグラフィックポスターが約20点展示されてて、方向を限定された線だけで構成されたケーキとか旗のグラフィックがめちゃくちゃかわいい!来週までやってます。展示されているポスターは各50個限定で購入できるので、「どれを買おうか?」と悩みながら見ると通常の展示とはまた違った視点で楽しめると思う。行かないと後悔すると思います。
b0046664_235425.jpg

[PR]
by angrofille | 2007-10-27 23:56 | 現代美術

来夢来人

新丸の内ビルディングにある都築響一プロデュースの場末スナック
「来夢来人(らいむらいと)」でヒッサと逢い引きしてきました。

詳しい店情報はこちら

b0046664_1121367.jpg

こちらのお店、女性専用なんですね。カップルも入場を断られていました。
聞きしにまさる場末感。ヒッサをしつこく口説いたり、カラオケでテレサテンを歌ったり
しようと思いましたがお昼の時間だったのでカラオケはナシ。残念(ウソ)。
b0046664_1123527.jpg

サンドイッチをオーダーしたところ、パンがトースターで焼いてあるホットサンド。
意外と手間がかかっているな、と思ってひとくち食べたらなぜかカレー味が口の中に
具のポテトサラダがカレー味なんですね。まさしく昭和テイスト、、

内装の昭和風味ですけど、シャンデリアが今風でもっとやればもっと行ける!
これからももっとラディカルにがんばってほしいです。
[PR]
by angrofille | 2007-07-19 01:20 | 現代美術

GRITTER

ユカちゃんのグリッター職人の技があまりに素晴しいのでご紹介します!!
どうですか!!このクオリティ!!
色やキラキラ感もさることながら、これが単なるデコ電とちがうところは、
ファンシーな黒いいちごを入れているところ。
ただむやみにキラキラさせるだけでは単にギャル。ちょっとなつかしいテイストの
いちご(しかも黒い)を入れることでギャップが生まれ、乙女感がアップしています。
これはもはやアートであると思うのです。

b0046664_11303712.jpg

[PR]
by angrofille | 2007-07-09 11:30 | 現代美術
待ち時間つぶしのためリビングデザインセンターOZONE
にいったら、デンマークのモダンデザインを代表する家具デザイナー
であるハンス・J・ウェグナーの追悼展が行われてました。
b0046664_11411253.jpg

いままでに500種類以上の椅子をデザインしましたが、今年1月に92歳で逝去
(この漢字よめません)されたそう。
まるっこくてかわいい椅子。デザイナーの性格のよさが伝わってきそうなかんじです。
こんな椅子で生活していたら、こころも優しくなれそう、、
b0046664_11412632.jpg

人間が暮らしやすいかたちを追求したら、自然とこうなったんでしょうねえ。ステキ、、
オレがやったるで的ギラギラデザインとは大違いです。

※わたしはデザインプロダクツ好きとか言っているものの、オシャレの登竜門といわれる
デザイナーズチェアの区別がほとんどつきません。

建築とかだとでかいのでまだわかるが、椅子は小さいしさ〜!見た事あるけど誰のだっけ?状態。
イームズだったかヤコブセンだったかコルビュジェだったかもうなにがなんだか。
「これって誰々のなんとかだよね!」とかオシャレカフェで誇らしげに言ってみたいものです。

b0046664_11413967.jpg

子供用の椅子が超かわいかった!
[PR]
by angrofille | 2007-06-16 11:52 | 現代美術
今日は週末に行った、前田ひさえ嬢の銅版画エキシビジョンをレポートします。

b0046664_22391916.jpg

場所は中野のuna camera livera。
b0046664_22393412.jpg

マンションの一階の部屋をカフェ&ギャラリーとして使っているステキなところ。
油断すると半日くらいいそうです。
b0046664_2249091.jpg

ひさえ嬢の作品は、映画がテーマ。パリ・テキサス、大きな鳥と小さな鳥などを
題材にしています。研ぎすまされたシンプルな線で描かれているのに、映画の
情景が閉じ込められているような。こんなポスターあったら買っちゃうよ!!
b0046664_22491414.jpg

カワイイ!!!

この絵の前で我がもの顔で座ってたら、かわいいお嬢さんに「この作品を描かれた方
ですか?すごくかわいい作品ですね♡」と言われてしまった。すごく照れた。←何にもしてないのに

ひさえ嬢のサイトでは、銅版画でないイラストもたくさん掲載されてます。
たいへん美しいので、ぜひ見てみてください
ウェブサイトはこちら
ブログはこちら


かんけいないけど今日は某官庁主宰のイベントにいってきました。官僚の人って
なんであんなに威圧感があるのか?外資の金融のエリートとかのえらそう感とはまた違う、
浮ついたとこのないキレ者感みたいな。ううう
何のプロジェクトで行ったかはまた後日に〜。でもそのプロジェクト自体は
すばらしい出来あがりで感動でした!!
[PR]
by angrofille | 2007-03-27 22:55 | 現代美術