映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:現代美術( 30 )

クレマスター

いってきましたノンストップ上映。
ユカちゃんに「文化系女子はいそがしいわね〜オホホ」とお灸をすえられながら
ひとりで行ってきました。

といっても見たのは根性ない(お金もない)ので2と3のみです。
どちらもたいへん素晴しかった。見た後でミス・グッドイヤーがでてくる
1を見逃したことに気づいて地団駄ふみました。
写真集でみていた時はデジタルみたいにきれいで明るい画面かと思って
いたけど、作品はフィルムなので質感が違ってますます映画っぽいというか。
覚醒して見る素敵な夢(暴力もグロさもふくめて)をありがとう。
かえりに吉祥寺のyuccaでかおりさんとお茶して、マシュー・バーニーは
いろづかいとか以外と乙女ちっくだと話あいました。3の羊のラインダンサーが
でてくるジ・オーダーは乙女も全員卒倒すると思います。
は〜 全部みたいな〜

で、場所がさいたま県西川口のSKIPシティという映像がテーマの公共施設
なんですが、NHKのアーカイブがごっそりあって無料でみれるのね。で、この
上映をやったホールはまるいちにちで44,000円で借りれるらしい!安!
なんかやりたいわ〜〜〜〜!!!!ヌーヴェルヴァーヴ祭りとか!いかやきの屋台
とか出してさ!

西川口はけっこう駅前がワイルドなとこで、そこに至る電車の車窓はまるで
フランスからスペインをわたる景色のよう、、(みるみる変わるというところが)
かえりに乗るバスまちがえて、駅にもどるために初乗り300円という仙台市営地下鉄かよ!!
っていうくらい高い地下鉄に乗らされました。いえ、悪いのはわたしです、、。
b0046664_2353160.jpg

[PR]
by angrofille | 2006-12-17 23:54 | 現代美術
ダイジェスト版DVDの発売記念した『クレマスター・サイクル』全5作品ノンストップ上映は、東京を皮切りに、全国5都市を巡回し、いよいよ、ジャパン・ツアー最終回が決定!

ファイナルを飾るのは新宿から30分強の未来都市、SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ映像ホール!

世界を震撼させた伝説のアート映画に出会う、このチャンスを逃すな!


ってことなんで見に行こうとおもってます。
いくひといるー?
[PR]
by angrofille | 2006-12-12 13:12 | 現代美術

Resfest2006

なんとか最終日にセーフ。
説明は公式ページ
より。※が自分コメント

よかったもの
BENDITO MACHINE(スペイン)
DIRECTOR/ANIMATOR/SOUND DESIGNER: JOSSIE MALIS
※社会派な寓話。だけどかわいい。

Made in Germany(ドイツ/トルコ)
DIRECTORS/EFFECTS: MELIH BILGIL, BJÖRN FRIELING, CHRISTOPHER ADJEI
ドイツの古典的な発明や伝統的なイメージを集積させた、
グラフィカルなガイドブック仕立ての作品。
※コラージュものも飽和状態、、と思いきやたいへんみずみずしい
作品

90degrees(フランス)
DIRECTORS: FRANÇOIS ROISIN, RAPHAËL MARTINEZ-BACHEL, JULES JANAUD
フランスのアニメ界のシンボル的な存在である、Supinfocom。
この超エリート学校が制作した実験的な作品は、現在はThe Mill社の
一員でもあるアニメーターたちによって手がけられた。
※IQ(ゲームの)みたいかと思いきや、顔のない男なんて哲学的なテーマは
さすがフランス。というかあまりの映像の美しさに息もできなかった(ほんとに!)

■Kopenfenster
DIRECTOR/ANIMATOR: MICHAEL TAVAREZ
/フィリップ・フォン・ローデンのタイポグラフィーにインスパイアされたデザインフィルム。
※なんていい曲だと思ったらエイフェックスだった

Jed's Other Poem
DIRECTOR: STEWART SMITH
メディア・アーティスト、スチュアート・スミスは、グランダディのミュージック
ビデオを勝手に制作。彼が初めて使ったコンピュータ「1979年製のApple
II Plusの48K RAM」を使用
※モニターのなかのカーソルちゃんのかわいいこと。HOUSE♪というとこでは
文字がおうちのかたちになる!感激して泣いた。ほんとに泣いて恥ずかしかった。

■PALE BLUE EYES
DIRECTOR: LOPE SERRANO MUSIC: AIR
映画「地獄の逃避行」の中で、シシー・スペイクがバトントワリングをする
1シーン(約5秒)のみを使った映像作品。
※AIRだし!線画のアニメになるとこなんか、もうほんと渋谷系っていうか、、!!
やっぱりこういうのがたまらなく好きだ。

■PARK FOOT BALL
DIRECTOR/DESIGNER/ANIMATOR:
GRANT ORCHARD
グラント・オーチャードは、日曜の午後、公園で繰り広げられた非常に短い
ゲームの雰囲気をシンプルなグラフィックスに凝縮させコミカルに描いた。
※ドット絵アニメ。イギリス人らしく見た目はかわいいのにシニカルな作品。

■SYSTEM: ARCHIVE
DIRECTOR/ANIMATOR:
SAM BRADY
カップルが同棲するアパート中を駆けめぐる黒インクの殴り書き。
※美しい。これもほんとに泣いてしまった

■SWANMEAT: SUBTLE
DIRECTOR/PRODUCER/EDITOR: SSSR
ノルウェイと日本のアーティスト3人からなるユニット、SSSR。彼らがサトルの
3部作のプロモーションに作品を提供。
※ファンタジー!鳥肌がたつほどかわいらしい動物がでてくる。アメリカ人の
アニメっちゅうのはこのファンタジーがなくていけねえな。北欧人&日本人サイコー!
(シンプソンズとかサウスパークは大好きです)

■AT THE BOTTOM OF EVERYTHING: BRIGHT EYES
DIRECTOR: CAT SOLEN
飛行機事故をユーモラスに描いたMV。
※パルチザンの方なんですね。ほんとに映画みたい。

■SILIGURI: MATHIEU BOOGAERTS
DIRECTOR: OLIVIER BABINET
フロイト派の性へ執着についてコメントしながら、のどかなフランスの片田舎を
散策する歌手マチュー・ボガート。ところが彼のまわりには、いつもセクシーな
女性の肉体が現れる。
※マチューボガート!笑えます。

■NATIONAL ANTHEM | 2002 | MIKE MILLS
野外フェスでレディオヘッドを見る女の子の顔のアップずっと。
でもそれがすごい夢中な顔しててかわいいんだな〜

■SIT DOWN STAND UP | 2003 | ED HOLDSWORTH
ブレる車窓からの夜景。ものすごくきれい。

俺ベストは
1.Jed's Other Poem
2.90degrees
3.SWANMEAT: SUBTLE
4.SYSTEM: ARCHIVE
5.PALE BLUE EYES
かな。1イギリス2フランス3イギリス4イギリス5スペインで全部ヨーロッパだ。
私はヨーロッパの作品がそんなに好きなのか。アメリカの映画も好きなんだけどな〜
アメリカの作品ってさっきも書いたけどファンタジーがないんだな〜
こう闇がないっていうか、人間の力の及ばないところを信じてないみたいなかんじ?
中国のアニメはファンタジーあふれててかわいいのがあります。おはなしいっぱい
あるもんな。韓国の作品は人間くさいというか生々しい気がした。

そしてマニアックな祭典なのに、お客さんがみんなこぎれいでおしゃれだ。
映像好きの女子も男子も・お風呂に入りそう・けっこう服に気を使っている
・貧乏臭くない・群れない・声がでかくない・これみよがしな感じでもない
ので好感が持てる。

ビデオアートはたのしいな〜全部見ればよかった。
もう老後は24時間こういうのを見て人生を終えたいな〜
来年は全日パス買います。
[PR]
by angrofille | 2006-11-27 23:28 | 現代美術
朝からラースフォントリアーの「ドッグヴィル」を見て沈んだ後、
ビル・ヴィオラ はつゆめを森美術館でみてきました。
もんのすごっく美しかった。

「ビル・ヴィオラ:はつゆめ」展は,ヴィデオ・アートの第一人者,ビル・ヴィオラのアジア初となる大規模な個展です.70年代のヴィデオ・アート創生期からヴィデオ制作を始めたヴィオラの過去25年の制作の中から90年代以降を中心に16点を紹介.ギャラリーは幻想的かつ壮大な「ゆめ」を体験する映像空間となります.

何枚もの紗幕に写される木の陰やまるで銀河の星のように見える水泡に
泣かされた。なんて美しいんだ。
森美術館は去年の杉本博司以来(これもたいそうよかった)でしたが、でかくていいねえ。
ICCのにも行かなきゃです。

夜はyuka☆(この表記は姓名判断的にもたいへんよい名前だそうなので厳守する
ことにした)ちゃん&ゆかいな仲間たちと渋谷のらんちゅうにいってみんなの名言採取。
フリーで生きる人たちの頭の良さに毎日舌を巻いている。名言採取ノートはいつか
白夜書房から出版します(人のふんどしで、、)

b0046664_113287.jpg

東京タワーと美青年
[PR]
by angrofille | 2006-11-19 01:17 | 現代美術

乙女日記

金曜、箱根旅行がなくなったので
青山ブノワにて乙女のランチ会。
美人料理研究家のさっちゃんと美人アイドルのユカちゃんと
美人デザイナーのかおりさんと素敵なビストロで素敵なひとときを
すごしてきた。

オードブルは食用花のサラダ。すみれも入っている。見た目もかわいらしく、
食用花の香り高い甘みが素敵。前菜はズワイガニのパスタ。パスタから
カニの香りがたちのぼり、味は肉っぽくておいしかった。メインはうさぎ。
うさぎをはじめて食べたのですが、淡白な味とえびと鳥の中間のような
プリっとした歯ごたえがやみつきに。デザートは日替わりメニューのメロンの
スープ。ミントのアイスクリームにメロンのくだいたジュースをかけていただく。
メロンをそのままたべるよりメロンっぽくてゆめごこち。どの料理も香りがだいじに
されていてたいへんおいしい。あと、トイレがロココでかわいらしすぎて倒れるかと
思った。またフレンチ会やりましょう〜

その後、原宿ラフォーレにて装苑70周年。かおりさんが「70周年コサージュが
あるらしくて、見たいのよね〜」と言っていて、皆で見に行ったら青いバラの
コサージュがかわいすぎてひとめぼれ!4種類あったのだけど、服部一成氏
デザインの70周年ロゴに一番近いタイプに速攻決定。かおりさんとユカちゃん
とおそろいで青バラをお買い上げ〜。立体で服部デザインが身につけられるな
んてとっても幸せ↓
b0046664_145360.jpg

乙女に生まれてよかったと思ったいちにちでした。
[PR]
by angrofille | 2006-09-04 01:18 | 現代美術

テート・モダーン2!

世界で一番素敵な現代美術館(?)テート・モダーン
増設されるそうです。
記事によると、テート・モダーンの年間訪問者数は410万人で、
The Pompidou Centreの年間250万人、MOMAの267万人とくらべても
たいへん高い人気なんですね(というか、たぶんタダだからだと思う)。

これが完成予想図。
b0046664_13172140.jpg

スゲーなこりゃ

10 のギャラリー、6つのカフェとバー、2つのショップなどが 入るとのこと。
この透明な箱をバカバカ重ねた設計はもちろんHerzog and De Meuronによる
もの!ホワイトキューブどころかクリアキューブ?
完成が楽しみですねー。
[PR]
by angrofille | 2006-08-04 13:25 | 現代美術
JEAN-LUC GODARD at Centre Pompidou in Paris (24 April -14 August 2006)

いまパリのポンピドゥーセンターでジャン・リュック・ゴダールレトロスペクティブ
が行われているそうだとhmちゃんにさっき聞いて、もうロマンティックが止まらないんです。
ゴダール自身がデザインした「ユートピアへの旅〜ジャン=リュック・ゴダール1946-2006」というエクスヒビションも併催(こちらは5月11日から8月14日まで)。だそうだ。

ポンピドゥーで見たダダ展のすさまじくハイレベルなキュレーション力をみても
今回の展示がとんでもないことは想像に難くない。




7月なら休みとれそうだしな、、上旬なら飛行機やすそうだしな、、
ハッ!!また妄想が!!いかんいかん!!!

パリが広島くらいにあったらなあ。
b0046664_0292879.jpg

[PR]
by angrofille | 2006-06-02 00:29 | 現代美術

2006年ゴレオ問題

今最も熱いゴレオ問題。かわいいっていったいなんなんだろう。

こいつったら、ラテンハウスの大物ボブ・サンクラーとCDまで出していた
b0046664_22535641.jpg

スゲー
ハッ!この曲、BBCとかのネットラジオでガンガンかかってるブジュ・バントン(?うろおぼえ)
みたいな「フィールラーブ・ジェネレイショオーン」ていってるゆるい曲か!

まあ、日本代表のコメントだと、こんなかんじでしょうか。

マライちゃんのブログで「アメリカ人のマペットをつくったデザイナーが
デザインした」と書いてあったので探してみたらいた!
Jim Hensonこいつだ!
かえるのカーミットやセサミストリートのビッグバード、クッキーモンスター
を作った大物だった。そして私がイギリスで見て大好きになった
bear in the big blue houseまで、、
そうだったのか、、アメリカ人、、

で、もひとつ新発見したのは下のスナグル・ベアーを作った
Kermit Loveという人形師のおっさんは、Jim Hensonがデザインしたビッグバードを
かわいくキャラクタライズさせた張本人だそう。
b0046664_2393869.jpg

彼が生きていたら、ゴレオも全世界に愛される愛らしさ満点のキャラクターに
なっていたかも?
[PR]
by angrofille | 2006-05-18 23:10 | 現代美術
かわいいってなんだ?と珍しく真剣に考え込んでいたのだが、
b0046664_21511653.jpg

オランダのファーファ
のサイトがかわいすぎてすべての理性がふっとび、もうなにもかも
どうでもよくなってしまった。フランス語をしゃべって動くファーファ!
もう死んでもいい!フランス語もオランダ語もてんでわからないが、
そんなことはどうでもいい!!お前のためなら死ねる!!
ぜいぜい(息切れ)

そこに現れたドイツのファーファ。このかわいさは以前もお伝えしたとおり。
お前のためならいとしいつみをおかそう(たしか布袋の歌)そんな目で私を見ないで
れないか、、!
b0046664_22163695.jpg

[PR]
by angrofille | 2006-05-18 22:34 | 現代美術

スナック・黒船

プラハで出会ったカオリちゃんのおともだちのユカちゃんとクミコちゃんのおともだち、
伊波英里さんのおもかじいっぱい展
に先週行ったところおさそいしてもらったのですが、
伊波さんのお父さんが板前をしている神谷町の割烹にて
彼女が一日ママをする素敵な催しにいってきました。
b0046664_0361965.jpg

しっとりした素敵な店内。割烹っていいよなー。おやつを抜いて臨んだのですが、
鶏肉と菜の花の煮物ゆず風味、みょうがの効いたやわらかいかつおのたたき、
カキのフライ(わたし牡蠣食べられないんだけど、これはほんとにおいしかった)、
しめにおむすびというラインナップ。
お父さんすごいよ〜何食べてもおいしいよ〜
デザートは宇宙大福(、、?)
b0046664_0362969.jpg

伊波さんによるアバンギャルドで時々かわいい映像(本人はとてもかわいい女子
なんですが表現はアグレッシブ)を見つつ、着物姿の彼女にお酌をしてもらうと
いう非常にたのしいひとときでした。こういう人を幸せにすることをやれるのは
すごいよなー と我が身を振り返るやさぐれabc三人組でありました。
[PR]
by angrofille | 2006-02-20 00:46 | 現代美術