映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー

<   2005年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

メルティングブレイン

・今日から無職です。今ごろになって1ヶ月なにをしてればいいか
 わからなくなってきた。やばい。夏休みとか言ってる場合じゃないわい。

・8/30からロンドンに行く予定です。
 語学研修は9/5〜9/30マデです。
 その後は11月までフランス〜ドイツ(いければ)〜スペインなど
 を放浪する予定です。でも、なんにも決めてません。
 
・今日テレビを見ていたら、天気予報で東京の最高気温が32度で、
 インドのどっかの都市が31度で、インドより暑いのかよと憤って
 いたら、リオデジャネイロは30度、バリは28度だった。
 もうだめだ!!こんな気温で日本人が勤勉に働いているというのが
 いかに偉大かということがわかった。えらい。
b0046664_16275194.jpg

こんなとこにオフィスがあったらどうだろう、、。
今の東京でマンゴーとかって普通に育てられるんじゃないの?
杉を全部伐採して椰子の木を植えればいいと思う。
b0046664_1628560.jpg

[PR]
by angrofille | 2005-07-31 16:30 | nikki
わたしの愛するマイシスターが誕生日です。
親元を出て、彼女と生活するようになって
もう10年が経つんです。
10年ってすごいよね!!!!!すごい!!
人間としての機能の7割くらい喪失している
わたしを優しく支えてくれる天使のような
妹(しかし主食はビール)で、
ほんと私にはもったいないと思う。
すみません、、、出したものはしまいます、、
しかし彼女が妹で私は非常に幸せだ。
いつも言えないのでブログで言ってみた。
いずみちん、誕生日おめでとう!
ビールで乾杯しよう。
b0046664_047871.jpg

[PR]
by angrofille | 2005-07-29 00:49 | nikki

飯田橋 喫茶 白ゆり

電車からみるたび気になっていた
イルな喫茶店「喫茶 白ゆり」。
しろゆりなのか?しらゆりなのか?
戸惑う私。
そのとき、うなずきん相方のsさんに頂いてバッグに潜ませていた
みうらじゅんの「いやげモノ」(ちくま文庫)が、
私の肩を「行けよ、、!」と押した。

b0046664_0245980.jpg

店に入る前から看板が私を威圧する。
b0046664_025791.jpg

チャームアップ・タイム、、、、、、、、、、、、、、、、、、
モーニングの「グレーティー」ってなんだろう。
greatの形容詞型なのか?!言語まで独特だ。
b0046664_0252187.jpg

店内はギンギラかがやく緑が基本トーン。
向こうに見えるのは、なぜかぴんくのフラミンゴ&白いゆりの
ステンドグラス。
まったくおちつかない。
ウェイトレスさんは夜で油断しているのか、
エプロンを腰に「ひっかけている」状態。
しかも片言。
椅子の穴は同系色のガムテープを張り付けて修繕している。
b0046664_0253156.jpg

猛烈に常磐ハワイアンセンターを思い出す空間だ。
どこもかしこも輝いている。
じつはエアコンのまわりのシャーベットグリーンがかわいい。
b0046664_0254356.jpg

ブレンドはけっこうおいしかった。
しかもpm2〜11時はおかわり自由。
経営だいじょうぶでしょうか、、?
店内のお客さんは、おじいちゃんがほとんど。
あんみつとか食べてる。

結論から言うと、とてもよい喫茶店である。
まるでレジャーセンターの休憩室の場末感を
「グレーティー」な気品を保とうとする意気込みが
救っている。
さぞかし打ち合わせがはかどりそうな空間だ。

次は高田馬場店にもいかなくっちゃ!
[PR]
by angrofille | 2005-07-29 00:40 | 喫茶
以前紹介した本に載っていたねこは西荻の猫だとかきましたが、ついに撮影に成功したので
発表します。
b0046664_2215023.jpg

目がくりっくりしてる美猫ちゃんです。
ことしもまたどこか行くのかな?
[PR]
by angrofille | 2005-07-27 22:17

レペゼン若王子

仙台が誇る
 "七分ズボンにギンガムチェックのフェイバリット・シャツ。
  トートバックの中にはお気に入りの本と『ロスト・チルドレン』のDVD。
  今から彼女の家で観るんだ。コーヒーミルクとninna nannaのタルト。
  昨日はworkでお茶を飲んだ。近くにあったFIREKINGのマグカップを
  売ってるお店は無くなっちゃったけど、新しい素敵なお店を見つけたんだ。
  こんど、北目町まで探検しにいこうよ!"(以上 氏のブログより引用)
王子は王子でも若王子、mixiデビューおめでとう。
あんなに嫌だといっていたくせに。

で、若王子のサイト
で紹介してたCDがすごかったのでここに貼ります。
b0046664_2243166.jpg

b0046664_2251434.jpg

あら!びっくり!
whoのアルバム「sell out」を、元that dog(いたなあ)、 rentals(いたなあー)
のPetra Hadenという女子(しかもヴァイオリニスト)がアカペラの
完コピでやっているそうです。
あまりのストレンジな状況にさっぱりわけがわからない。
ききたい!!こりゃききたい!!
これこそオルタナティブな音楽じゃないかしら。
なんつって。
こちらでかえます。
[PR]
by angrofille | 2005-07-27 22:12 | music

ツールドフランス

きのう何気なくテレビをつけたら、
ちょうどツールドフランス2005がゴール8キロ前だった。
シャンゼリゼの金ピカのジャンヌダルクの前をぐるぐる
走っていた。
ランス・アームストロングという人が優勝していた。
7連覇だそうだ。すごいな。
http://www.letour.fr/2005/TDF/LIVE/us/2100/r3_photos.html

去年もたまたまテレビで中継を見て、美しいフランスの森とか緑とかのなかを
走るカラフルな自転車の群れにうっとりしてしまって、今年はぜったい
3週間ずっと見ようと思っていたのに、見れたのは最終の8キロだけ
だなんて。
スポーツはさっぱりわからないのだが、一生懸命走る自転車を見ていると
ずーーっと日曜の午後に野球みてる父の気持ちがわからなくもない。

1ギャラクシー2ギャラクシーの来日を見のがした
2ヨラテンゴのフィルムライブチケットとれなかった
3ツールドフランスみれなかった
4カナリア劇場で見のがした

これが今年のザ・後悔ベストです。
これからモリモリふえそうです。
ばーかーやーろー

こういうレースの最後尾の人って何考えながら
ペダルこいでるんだろう。今晩のおかずとかかなあ。
b0046664_012841.jpg

[PR]
by angrofille | 2005-07-26 00:05 | nikki

ドラゴンヘッド

土曜日、休日出勤を終え、銀座1丁目に行こうと
千代田線の新御茶ノ水駅へ。
ホームで電車が入ってくると、地面が揺れた。
「電車がはいってくると揺れるんだなー」
とのんきにしていると、乗り込んだ電車が
「地震のためしばらくとまりまーす」
などと言い、さっぱり動かない。
10分たっても動かないので、ぷんぷん怒って改札を
出る。しかしJRも動いていない。
仕方がないので銀座まで歩く事にした。
b0046664_23534718.jpg

途中でずっと行きたかった神田の「近江屋洋菓子店」を発見。
店内はモダン昭和のとっても素敵なフロア!
(しかし店の入り口にスチールの棚を放置しているなど、
すごく無駄のあるスペース使いをしている。)
プードルのケーキがなくて、ショートケーキをかう。箱もかわいい!!
神田から大手町をとおって銀座へむかってひたすら歩く。
b0046664_23573847.jpg

無人のオフィス街をひたすら歩く。トーキョーインターナショナル
ポストオフィスがかわいい。
いつか大地震で東京がだめになったとき、こうやってドラゴンヘッドのように
宮城県まで歩いていかなきゃいけないんだねえ、と思う。
b0046664_23571628.jpg

丸の内で木村カエラらしきお嬢さんが、体格のいいおっちゃんと
コンランショップのおおきな袋をさげて仲良く歩いているのを
見たようなきがするけど、長旅の幻覚だったかも。

四時半に御茶ノ水を出て、銀座についたのは六時を10分くらいまわった
ところでした、、
家に帰ってケーキをあけたら、あまりの過酷な道中でいちごちゃんが
弱ってて、クリームが分離してました。それでもおいしかった。
[PR]
by angrofille | 2005-07-25 00:03 | nikki

平坦な戦場で生き延びる


わたしはやっとのことで正気にかえると、
そそくさとパンフレット(昨年和歌山で行った個展の図録?)
を購入し、エレベーターに乗り込んだ。

すると、先にエレベーターに乗り込んだ、
プラダを普段着のように着こなしている(あくまでイメージです)、
30後半?位の男性に
「理策にやられましたね?」
と話し掛けられた。
「はあ、いやー、あんまりきれいだったので、、」
と言うと、
「彼に伝えておきますよ。古くからの友人なんです。」
とその男性は言った。
そして
「どうして理策の写真があんなに美しいかわかりますか?」
と聞かれたので、
「、、どうしてですか?!」
と聞くと、
「彼は本当に美しいものしか撮らないからなんですよ」
とその男性はわたしを諭すように言った。
また背中からすごいものがわたしを襲った。

そして、その男性は「それじゃ」
と風のように消えていった。

心がざわざわして、めまいがした。
マトリックスとか?で、あんまり強い相手に会うと、
前に立ってるだけで身動きできなくなるってあるでしょう。
あんなかんじだった。話すだけで打ちのめされた。

ほんとうに美しいものってなんだろう。
私が鈴木理策と同じ場所にたっても、
たぶんあの写真に写っていた美しさは私の目には
見えず、ましてや写真にとらえることなんてできないと思う。
わたしにほんとうの美しさが見えるようになんて
なるんだろうか?自分にそんなことできるんだろうか?
あたまの中をそんな考えがぐるぐるまわって目眩がしてきた。
カメラを持つ手がふるえて、銀座の街がまっしろに見えた。

きっとプラダさんは写真の妖精だったんじゃないかと思った。
[PR]
by angrofille | 2005-07-24 23:38 | 写真
銀座のギャラリー小柳で鈴木理策の写真展
「海と山のあいだ」を見てきた。
hmちゃんがものすごくおすすめしていたので、
こりゃぜったいいかなきゃと思っていたのだ。

鈴木理策はほんとうにいい写真家だと思う。
フランスの山を撮った「モンサンビクトワール」も
神々しくてびっくりした。何年かまえの「DUNE」に
載っていたKAZU HUGGLERを撮った写真も、
被写体の美しさもさることながら、写真が発光している
ように美しくてびっくりした(雑誌なのに)。

会場は照明が落としてあり、作品にだけスポットライトが
あてられている。
聖地熊野の那智の火祭りの写真がならんでいる。
熊野の山の大木の空にのびる大きな枝。
大きな真っ青の滝つぼ。
数えきれないくらいこまごまとある山の樹木のはっぱ。

ものすごいカタストロフを期待していたわたしは、
見た瞬間すごく拍子ぬけしてしまった。
「確かにきれいだけど、これは実家などでいやというほど
見ている緑だなあ」と、なんだか物足りないとさえ思った。

しかし、枝から滝、滝から森、と目を移して行くうちに
なんかすごいのが背中から襲ってきて、ひとつひとつの
写真が立体で木や緑がそこにあるように見えてきて、わたしは
写真から目をはなすことができなくなってしまった。
視覚に全身を捕われて、身動きすることができなくなってしまった。

きっとあまりに美しいものだったので、脳がそれを理解できるまで
時間がかかったのかもしれない。
理解した瞬間に打ちのめされてしまったに違いない。
[PR]
by angrofille | 2005-07-24 23:24 | 写真

adieu chat noir 西荻窪

ニシオギの南口駅前に、もう何年も前から
のしのし歩く黒猫がいた。

もうものすごい年寄り猫で、目はめやにだらけで、
開いてるとこみたことないし、黒い毛は茶色がかって
ぼさぼさ。

朝、いっつも薄汚れたスナックの前でべろをだして
ぐでんと寝てる。
あんまりにも年寄りなので、舌を口の中にしまって
おけないのだ。
近所の人が、ねこまんまをあげるけど、
全部たべられなくて脇においたまま目をつぶって
べろをだして寝てる。

どんな猛暑の朝でもきまったスナックの前で
おなか出して寝てた。もう覚えてないくらい前から。

おととい、ふと通勤路を見ると、スナックの脇の
ビルの狭いすきまに花がいっぱいおいてある。

一緒にキャットフードがおいてある。

背中に走る戦慄。


おおおおおもうあいつはいないんだ。
なんだかどうしても信じられない。
きっと路地のすきまで、いつもみたいに
べろを出してねてたんだろう。
そのまま、目をあけられなくなっちゃったんだろう。
ほんとにどうしても信じられない。
まったくぜんぜん信じられない。

岡本敏子さんが亡くなったときも同じ感じだった。
いつか目の前でパワーを放出しながら
しゃべるところを見れると思っていたのに、
突然いなくなってしまって、なんだかどうしても
信じられない。

自分の地続きに死というものがあるのが
いまだによくわかっていないのだ。いい年こいて。

ニシオギのまもりがみみたいだったくろねこが
天国でいまもべろだしながらふわふわな雲の上で
寝てたらいいなあと思う。

b0046664_1493445.jpg

[PR]
by angrofille | 2005-07-23 01:51