映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー

<   2005年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

grandlemonmother

うちのおばあちゃんに
「スーパー行ってくるけどなにかほしいものある?」
と聞いたところ、
「あそこのスーパーには入り口の右側にパン屋があり、
そこではレモンパンを製造販売している。そこのレモンパンはよそと
違って中にいろいろ入っていて非常においしい。ぜひともそれを
買ってきてもらいたい。」
とのことだった。

スーパーにつくと入り口の右側に確かにベーカリーがあるのだが、
レモンパンなるものは見あたらない。
店員さんに
「すみません、レモンパンありますか?」
と聞いてみたが、
「すみません、うちではちょっと作ってないですね、、」
とのことだったので諦めようと思ったのだが、
そのとき大々的に売られているメロンパン
が目に入った。

もしやとは思ったがそのメロンパンを買っていくとおばあちゃんは
「そうこれこれ、このレモンパンはどこかしら旨いのだ」
というので、これはレモンではなくメロンであると伝えたが、どちらでも
あんまり彼女には関係ないようだった。

そのメロンパンは皮がさっくりしてて果汁を練り込んだ生地が
柔らかくて、ほんとうにおいしいレモンパンだった。
[PR]
by angrofille | 2005-11-28 20:01 | sendai

lucky

同級生&その息子(3才、チキン・リトル似のかわいこちゃん)に会う。
同級生はわたしを「アッキー」と呼ぶのだが、息子は舌足らずなので
わたしを「ラッキー、ラッキー」と呼ぶ。
なんだか雑種の犬にでもなった気分だ。楽しい。

「ねえねえ、なんでラッキーの足あかいの?びょうきなの?」
えええ?!なに?!びょ、病気かも!!

と思ったらペディキュアだった。

「あした、いっしょにトイザラスにいこうよ、、」
とデートに誘われたが、3歳児では運転もできないので
デートはできなかった。ひじょうに残念だ。
[PR]
by angrofille | 2005-11-27 22:46 | sendai

みちのく味紀行

若王子につれてってもらった定義山のあぶらげ(でも半分のサイズでいい)
と泉ヶ岳のむかご(巨大お好み焼きを作る真っ赤なシャツの
粋な秋山教授みたいなオヤジ)、宮城にはおいしいものが大変多いのだ。
そしてシホティン&ちょうさんに連れてってもらった
「ひな野」
はブッフェスタイルなのに提供している商品の質、サービスともに
そのへんの和食屋よりもレベル高い。これは東京にあったら毎週行きそうだ、、!!
で、運動不足のわたくしは

私「ダンスやりたいのよねー!」

シホティン「、、angroッキーが踊ってる姿って全然想像できないよ、、
しかもすごいにこやかに笑ってたりして、、」

私「、、、、、そういえば私も想像できない、、、」


※自分で想像できないことができるわけない

ので、フィギュアスケートぐらいにしておこう、という結論になりました。
あのまま突っ走っていたら、いまごろレオタード姿でものすごく
にこやかに踊っていたかもしれない。
ほんと、持つべきものは友達だと思った。
[PR]
by angrofille | 2005-11-27 01:04 | nikki

いいかげんな男

いいかげんなことばかり言う人間は、結構好きだ。
だがこれはどうかと思った。

(以下メールのやりとり)
私「今仙台に来ています」

いいかげんな人「仙台といえば、モスコミュールにこだわりがある
有名なバーがあるそうですね」

私「情報が少なすぎるんですが、、」

(い)「そこはマグカップでモスコミュールを出すそうです」

なんの手がかりにもなってねえ

私「昨日のメールですが、やっぱりさっぱりわかりませんでした」

いいかげんな人「そうですかごめんなさい。ところで仙台には公園通りか
並木通りがあって、紅葉か桜が有名とか?またアヤフヤだったらすみません」

アヤフヤだよ

いいかげんな人は今日は中学生日記を見て考え込んでしまったそうです。
(「複雑単純な人間だから」とのこと)
[PR]
by angrofille | 2005-11-27 00:41 | nikki

マイケルムーアの新作が

マイケルムーアの新作が、現在ブロガー対象に試写会やってるそうだ。
こちら↓
『ザ・コーポレーション』
申し込んでみた。みんなもやろう。

そういえばもうすぐ12月なので、今年のベスト10を決めなければならない(自分に)。
ドキュメンタリーではブコウスキーがぶっちぎりでよかった(ノミもよかった)けど、
マイケルムーアは別格だからなあ(大ファン)
[PR]
by angrofille | 2005-11-25 01:01 | 映画

にちようび

先週の日曜が誕生日だったせいか毎日ケーキをたべている。
土曜はじゅんちゃんにバナナムースのケーキをもらい、
日曜はユカちゃんつかちゃんサカモトさんと乃木坂のウエスト
でスコーンをふたくちで食べた。ウエストはサービスも味も環境も
最高の喫茶店で感動した。

そのあとはスーパーデラックスでひぐちさんとかおりさんの
コンテンポラリーダンスユニット?東京地震のライブを見る。
小話の後にテクノポップをふりつきで踊るパフォーマンスで、
踊りもいいし曲が純粋にいい曲だ。会場も非常に沸いていたし、
いいもの見た。よかったよかった。

昨日はママンが町のケーキ屋で買ってきた生チョコのケーキを食べた。
昔食べた時よりもケーキがハイカラになっている。
おじいちゃんが食べているやつなんか皮の中がアップルクランブル
みたいになっている。
2代目というやつだろうか。
[PR]
by angrofille | 2005-11-22 12:43 | nikki

ロバと王女

ジャックドゥミのまぼろしの傑作と言われる「ロバと王女」をみてきた

「ロシュフォールの恋人達」で泣きっぱなしの私。
ペローの童話の映画化ということで、非常に
ファンタスティックでロマンティックな話しかと思いきや、
なんだか様子が違った、、。

ある国の王様が王妃を亡くすのですが、その再婚相手に
こともあろうか娘を選び、娘は父からの求愛が「なんとなく
いやだから」ロバの皮をかぶって逃げて王子様に出会うという
話し。
ヨーロッパの民話って感じがするよ。非常に血なまぐさい。
しかも娘は「どうしておとうさまを愛しているのに結婚しちゃ
いけないの?」と妖精に相談。非常に前近代的です。

演出も非常にファンタスティックなのですが、洗練された美という
より結構やりすぎのすっとこどっこいなかんじで、これはドゥミの
後作「ベルサイユのばら」に近い出来栄え。

しかしとにかくドヌーヴが美しい。特にロバをかぶっている
ドヌーヴのかわいいことかわいいこと。そして森の中をスローモーション
で走るシーンの美しいこと。
また、デルフィーヌ・セイリグもまたびっくりするほど美しい。
それだけでも見る価値のある映画だと思う。

やっぱりドゥミのローラがみたい
[PR]
by angrofille | 2005-11-20 13:20 | 映画

アワーミュージック

現存する世界最高の映画作家、
ジャンリュックゴダールの新作「アワーミュージック」が本日最終日
ということで
東京地震にむけてリハを行っていたひぐちさんとかおりさんと
吉祥寺でルンルンお茶してから、日比谷まで走って行ってきた。

どうにか間に合ったけどここで大問題。
シャンテシネは指定席だが会場に段差があまりなく、
前のやつの頭で画面がみえない
どうにかしてよシャンテシネ!!プンプン!!

で、「今回のゴダールは非常にわかりやすく面白い」
という非常な前評判だったのですが、poorでstupidな
わたくしにとりましては、充分に難解でございました、、。
画面も非常に見づらかったですし、、(いいわけ)

わたしはこの映画の20%も理解できていない。
すみません、馬鹿で、、(泣)

煉国遍の冒頭の空港の画面がものすごくシャープで、
デジタルかと思った。ものすごくびっくりした。
それからの映画のテンポが、非常にゆっくりしていると
感じた。ふるえがくるほど美しい強烈なイメージの
洪水というのではなく、見ている側になにかを
諭すというか伝えることを前提としているかのように、
ゆったりと物語が流れてゆく。
そしてゴダール自身は講師の役。彼は鞄から
写真を取り出しながら、若い生徒達(デジタルビデオカメラ
を持つ若者も)に教えてゆく。
ただ引用するのではなく、「この引用はこういうことですよ」
とおしえてくれるのだ。もう鼻血ブーである。
この映画はほんとうにやさしいというか、なんというか
人間っぽい。登場人物をできるだけばかげた理由でばんばん殺す
昔のゴダールとはほんとに違う。
あああもう1回見たい見たい見たい

講議の最後に「デジタルカメラは世界を救えますか?」と聞かれて、
沈黙で答えるゴダール。
私は聖女ベルナデッタの例をすごくよく覚えている。
ベルナデッタは聖母マリアを奇跡で見たが、どんなイメージか
説明できなかった。ミケランジェロの絵を見てもわからない
彼女がようやく聖母と認識できたのは、何千年も前のぼろぼろの
壁にかいてあるような宗教画。
進んだ技術だからといって、本質が伝えられるとは限らない。

この講議の場面はほんとうにぞくぞくしました。

また、印象的なのはゴダールが庭いじりしている庭。
そしてうつくしい花。
天国は海じゃなくて河原。
あと、音が本当に素晴らしかった。

やばいいますぐもう1回みたい。見ないうちにはわしゃ死ねない。
[PR]
by angrofille | 2005-11-19 03:23 | 映画

ジビエ

現時点で昨日の夕方五時から
36時間ぐらい起き続けているのですが、全然眠気というのが
来ないのはどういうことだ。しかも全然元気。びっくりするほど元気。
人は何時間起き続けていられるのかしら??

現在社会復帰リハビリ中のわたくしですが、前の会社でお世話になった
ファンキーシスターズsさん(マインドがもうスペイン人の旅人)、
ゴージャスな外見と裏腹にたまに非常に攻撃的でロックな(「人肉料理店」など)
Tシャツを着用している小粋なsさん、うなずきんの相方のsさんと
青山のイタリアンレストランで会食会にでかけてきた。
ってそういえばみんなsだ。そしてわたしもsだ。びっくり。

そこは青山学院のすぐ横という非常に入りにくい立地にも関わらず、
非常にアットホームなレストランでありました。
で、本日のおすすめはとにかく今朝入った3歳の鹿ということで、
鹿を食らいました。
冬の味覚、「ジビエ」というやつだな。
この時期、冬に備えて栄養をたくわえた動物達をとっつかまえて
我々の栄養にしてしまおうという非常におフランス的な習わしである。
鹿のレバーのたたきとミートソースのパスタを食べましたが、
鹿のレバーなんて超レア。これがまったく生臭くなくてさっぱりとおいしい。
おなじく鹿のミートソースも非常にあっさりとしたあじわいで、
これまたおいしい。パスタは水道管のようなかたちをしているやつ。
名前は忘れましたが、もちもちしてておいしい。デザートはいちぢくの
タルト。エスプレッソといただきます。
ああ、なんか社会復帰にすこし近付いた気分、、

それにしても街にいる東京の女の子の細いこと細いこと。
みんな鶏ガラみたいな足してやがる!!何食べてるんですか!!
ていうか食べてないでしょう!!なんでみんなあんなに細いの?
きっと煙草ばかり吸って、夕飯はポッキーとか言ってるに違いねえ。
かたっぱしからとっつかまえて、口に鹿のたたきを放り込んでやる!!
と英国的体型(イギリス人女性の5人に1人、男性の7人に1人が「肥満」
というヨーロッパでもぶっちぎりの肥満大国らしい。カールラガーフェルド
は「英国女に着せるでかい服なんかつくれねえ」と言ってイギリスのブランド
から撤退)に近付いたわたくしは思うのであった。
[PR]
by angrofille | 2005-11-18 00:51 | nikki

パリ暴動

今月の始め、パリ郊外で大規模な暴動が起こっていましたね。
先月の終わり、警察に追われて発電所に逃げ込んだ
ムスリムの若者が感電死した事件をきっかけに、
アフリカ、中近東からの移民が多く住むパリ郊外のクリシーで暴動は始まり、
30箇所にまで拡大しました。
暴動では3000台以上の車が焼かれ、700人以上が逮捕され、
銃で撃たれた警官もいました。
あと1ヶ月違ったら、わたしとハニーもまきこまれていたのかしら、、

その暴動のバックグラウンドには、フランスでの移民への差別問題が
あると言われています。
去年の秋に、ムスリムの女性に「スカーフ禁止令」が出されたことに
象徴されるように、異文化にたいして寛容なイギリスに対して
フランスの文化に同化するよう強要するような態度を示していると思われています。
お世話になっていた所の同居人が北アフリカのアルジェリア人だったのですが、
その人は「あいつらの人種差別はほんとうにひどい」と
フランスをぼろくそに嫌っていました。
バゲット買ってきただけで「フレンチブレッド」と言って嫌な顔をするくらい。

ロンドンでは現在アフリカ系、アジア系の移民が25%を占めるそうで、
もうむしろロンドンに限っていえばイギリス人を見る方が少ない。
しかも皆各々のコミュニティを作って暮しています。
ロンドン東部のハックニーのカリビアンタウン、インド系のバングラタウン、
ハイドパークの近くにはターキッシュタウン。
皆エスニックショップで自分の国の食べ物を買い、自分の国の服を
着ています。エスニックタウンに行くと、自分がどこにいるのかわからないくらい。

フランス政府のやっていることは行き過ぎだと思うのですが、
治安が良くなくって、お互いに意志の疎通ができない場所があったら、
誰でも快く思わないに違いない。
新大久保のようなところが街にかならず一つあったらどう思うだろう?

また、異文化圏というのは言語や習慣が違うだけでなく、
思考回路自体も違うと思うのです。
異文化圏の人と接すると、結論に至る過程の回路が確実に違うとすごく感じた。
自分にはものすごく的外れの意見に感じることがある。

フランス軍内部でもムスリムへの差別が問題になっているそうですが、
(ムスリムが酒を飲まないからとかすごい理由)文化だけでなく、
そういう思考回路の違いみたいなものはもうどうしようもない。

人間はお互いに絶対にわかりあえない。でも理解しようと努力することは
できる。相手の文化を受け入れないのが差別なら、移り住んだ国の文化を
理解しようとしないのは怠惰のように私には思える。のですが、これって
「あーら、パンがないならケーキを食べればいいじゃなーい」的発言なんだ
ろうな、、
[PR]
by angrofille | 2005-11-17 03:33 | 憂国