映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー

<   2007年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

うさぎちゃん大ピンチ

すごい昔に書いたことあるんですが、中野の丸井の屋上がDEATH遊園地になっている。
先日暇を持て余して2ねんぶりくらいに再度訪ねてみた。
相変わらずの死のかほり。
b0046664_1374079.jpg

うさぎが木の中に監禁されて、狂気の笑いを浮かべてる!!やばい!!
うさぎちゃん大ピンチ!!
b0046664_145504.jpg

この薄汚れた象のなかはトランポリンになっていて、ちびっこだけが
遊べる。それなりに家族連れが訪れていておどろいた。

訪れた後、「あたし、こんなとこでいったい何やってんだろうなあ、、」とダウナーな
気持ちになるので自分を見つめ直すのにぴったりなスポットです。
[PR]
by angrofille | 2007-03-31 01:40 | 写真

ガンダム

コピー機がガンダムみたいにみえる
b0046664_17582753.jpg

[PR]
by angrofille | 2007-03-29 19:56 | 写真
負け犬女子の妄想の実写化。

恋に破れた2人の女性同士が、家や車を交換する“ホーム・エクスチェンジ”を試み、人生を開花させていくラブストーリー。主演は『チャーリーズ・エンジェル』シリーズのキャメロン・ディアスと『タイタニック』のケイト・ウィンスレット。彼女たちがそれぞれ恋に落ちる男性をジュード・ロウとジャック・ブラックが演じる。監督は『恋愛適齢期』のナンシー・メイヤーズ。

ということですけど、冒頭に申し上げたとおりこれは結婚とか安定とか運命の出会いとか
を熱望するタイプの独身女性(負け犬と呼ばれます)の夢見る物語をそのまま
画面に起こした感じですね。
お話的にはかなりご都合主義でございまして、つじつまの合わないところも多く、
もともとこういうのってストーリー云々で評価するべき映画ではないんですよね。

この監督は1949年生まれなので58歳ですか、まあその還暦手前のおばちゃん趣味が
爆発してまして、「コッツウォルズって素敵な村ね♡」「ジャックブラック使ったら面白いわ
よね♡」みたいななんとも短絡的なストーリー。

成功して独立した女キャメロンとプレイボーイのジュード・ロウ、3年も片思いするケイト
ウィンスレットと映画音楽家のジャックブラックがそれぞれ地球の裏側で出会って惹かれ
合うという、もうこれだけで2時間。こんな話30分で納めろよ!みたいな。

というか負け犬女性の考えるシンデレラストーリーみたいな、なんかぜんぜん映画らしい
ぶっとんだ発想がなくてはんぱに現実的な感じが身につまされて(じっさいこんなだったら
最高じゃないかとか思って)、そんな自分を顧みるのがつらい。←大丈夫ですか?

構成ももっとスピーディに工夫すれば面白いと思うんだけど、それぞれを適当な尺で
交互に流すだけなのでけっこう飽きる。

でもこの映画のいいところは、
・コッツウォルズのうつくしい村
・ジュード・ロウの男前っぷり(増毛疑惑あり)
が楽しめること。

それが見たい人は見たほうがいいですが、ロマンチックなジャックブラックに
ドン引きしたくない人はいかないほうがいいとおもいます。

しかしこういうの見ていっつも思うんだけど、なんかキャメロンとか部屋で一人に
なるとワイン片手にロックを流して大声で歌い踊ったり、ベッドのなかで暴れたり
してるでしょう。
これって女子の素顔を描いてるってこと?
女の人って一人になるとこうやって暴れたり歌ったりしてるのか?ほんとにしてるのか?
ちなみにわたしは一日盗撮されても盗撮してるひとがつまんなくてやめちゃう
くらいおとなしくすごしています。

☆3つ
b0046664_1522261.jpg

「ホリデイ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by angrofille | 2007-03-29 01:57 | 映画
今日は週末に行った、前田ひさえ嬢の銅版画エキシビジョンをレポートします。

b0046664_22391916.jpg

場所は中野のuna camera livera。
b0046664_22393412.jpg

マンションの一階の部屋をカフェ&ギャラリーとして使っているステキなところ。
油断すると半日くらいいそうです。
b0046664_2249091.jpg

ひさえ嬢の作品は、映画がテーマ。パリ・テキサス、大きな鳥と小さな鳥などを
題材にしています。研ぎすまされたシンプルな線で描かれているのに、映画の
情景が閉じ込められているような。こんなポスターあったら買っちゃうよ!!
b0046664_22491414.jpg

カワイイ!!!

この絵の前で我がもの顔で座ってたら、かわいいお嬢さんに「この作品を描かれた方
ですか?すごくかわいい作品ですね♡」と言われてしまった。すごく照れた。←何にもしてないのに

ひさえ嬢のサイトでは、銅版画でないイラストもたくさん掲載されてます。
たいへん美しいので、ぜひ見てみてください
ウェブサイトはこちら
ブログはこちら


かんけいないけど今日は某官庁主宰のイベントにいってきました。官僚の人って
なんであんなに威圧感があるのか?外資の金融のエリートとかのえらそう感とはまた違う、
浮ついたとこのないキレ者感みたいな。ううう
何のプロジェクトで行ったかはまた後日に〜。でもそのプロジェクト自体は
すばらしい出来あがりで感動でした!!
[PR]
by angrofille | 2007-03-27 22:55 | 現代美術

わかりあえない

西荻には謎のポスターで有名な「みすず学苑」という予備校がある。
このポスターがぶっとんでいて、全身タイツの「縄文太郎」や老子に
おんぶされる楊貴妃など、まったく意味がわからない。
b0046664_2316422.jpg


あまりの意味の分からなさに「これって何なの?!カルトかなんか?!」と
恐怖、さらには怒りをおぼえていた
のだが、ある日はたと気がついた。
「これって笑ってもらおうとしているのか、、、、!」
と。

一度そういう角度から見るようになると、この突拍子もなく美意識のかけらもない
イメージがすんなりと理解でき、恐怖も怒りもなくなった。

映画秘宝で、「ゴダールの映画はギャグがすべっているから難解だとされている」
と言っていてすごくウケたのだが、それとおなじことがこのみすず学苑で起こったのだ
と思った。
恐れや憎しみは理解できないところからくるのだ。

とはいっても死ぬほど気持ち悪いからやめてほしい気持ちには変わりない。
やめてー!ほんと!!
[PR]
by angrofille | 2007-03-26 23:27 | nikki
というのも若王子の影響でアニオタになった、、わけではなく、
デリセンでお近づきになったアーティストショウジョノトモさんの展示を見てきました。
トモさんのかっこいい作品と海のように広いお人柄にすっかり惚れ込んだわたし。
おっかけのように展示ブースに突撃!!
b0046664_0335912.jpg

こちらがトモさんのブース。隣でアキバ48がトークしているなか、トモさんの
とこだけミラノサローネみたいな、ロンドンのフリーズアートフェアみたいな
オシャレエキシビジョン。
b0046664_0341277.jpg

この人形はハンドメイド。トモさんのキャラクターは凶悪だけどたまらなく
キュート♡
b0046664_0404369.jpg

これがトモさんの新しいキャラクター「Fami-Less」のメンバー。
映像も超クールです。トモさんの日本人ばなれした(ヤンキーとファンシーから
かけはなれた)センスはすごい。FOXとかMTVでこういうのが流れてほしい。
b0046664_048961.jpg

帽子やTシャツ、バッグなどアパレルも展開しているのですが、アパレルもキンキー
で超かわいい!

トモさんのワークはこちらのサイトで見れます!

トモさんのブースで遊びまくったあと、会場内をさんさく!
b0046664_0342827.jpg

ピノコだ=====
b0046664_0344493.jpg

カナダからわざわざやってきた、コスプレ衣装専門店。「日本のコスプレですか?」
「僕たちの服は、クオリティが違うのさ!日常でも着てもらえる服だよ」とのことです。
左がマトリックス、右がハガレンとのことですが、確かに街でも着れそうだ。
しかしその分コスプレだと気づかない。なかなか難しいところだ。
b0046664_03509.jpg

こ、これもリアルクローズであります!!!!凡さんに着てもらいたいであります!!
b0046664_03611.jpg

ボブ♡ニッケルオデオンは日本でチャンネルもってるのか〜
b0046664_0402542.jpg

キャーーーー!!!!!!ガールズだーーーーーー!!!!!ちびっこと一緒にかぶりつき。
子供に配っているステッカーを、「大人はもらえないんですか?」とくいさがって
もらってきた。ヤッター
なんで着ぐるみだとわかっているのにこんなにうれしいのか?一緒に踊りそうに
なってしまった。あぶないあぶない

しかしガールズの萌え系アニメが日本で作られているのを知って、すごくショック。
だってこんなんだよ!!!許せない!!なんか武器とか持って、どうせアレだろ!!
おもちゃ会社と共謀してんだろ!!ガールズは天才博士が作ったんだから、武器なんか
なくても敵をたおせるんだもん!!!プンプン!!!あぶなくカートゥーンのブースに
いた人に喰ってかかりそうになっちゃったよ。あぶないあぶない
b0046664_0594670.jpg


一緒にアニメフェアに行きたい人NO1のすっとんちゃんが大阪出張でいけなくて
ざんねん。来年は一緒にレポートしたい野望をむねにゆりかもめでかえってきました。
そしたらモノレール酔いになってしまいました。ちくしょうゆりかもめめ、、
[PR]
by angrofille | 2007-03-26 01:08 | 写真
わたしが映画を見ていちばん幸せな瞬間って、自分が体験できないよ
うな世界を見せてくれて、画面の向こうにいる人物をすごく好きになって、
まるで古くから知っている友達が増えたような気持ちになれること。
この映画は、まさにそんな映画の醍醐味を味わえる素晴しい作品です。

オフィシャル

時は60年代。
60歳すぎのニュージーランドのじいさん、バート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)。
b0046664_1185166.jpg

© Magnolia Pictures
昔からスピード狂で、40年前に出会った「インディアン」というバイクに惚れ込んで、
今風のバイクには目もくれず自宅のガレージ(というか貧乏なのでガレージが自宅)
でカスタマイズしつづけている。
騒音で近所に迷惑がられ、隣に住む子供だけが彼の味方。
b0046664_1234272.jpg

© Magnolia Pictures

じいさんの夢は地球の裏側にあるアメリカのボンヌヴィル塩平原で行われる
バイクレースの世界大会に出場すること。↓ここね
b0046664_1174214.jpg

© Magnolia Pictures
しかし60年代に外国に行くのは大変なこと。
お金もないしコネもない。大会が迫っても自慢のマシンはカーブを曲がれず地元の
ヤンキーとのバイクレースにも負けるし、果たしてアメリカの地を踏めるかもあやしくなって、、
というあらすじ。

逆境におかれてもいつも礼儀とユーモアを忘れず、ひたすら夢に向かって突き進む
バート・マンローは誰もが声援を送りたくなってしまうはず。出てくる人がみんな
いい人で、実話らしけどおとぎ話のよう。
主人公がレーサーの「ストレイト・ストーリー」ってかんじでしょうか。
彼の人柄に触れて、見終わった後心があたたかくなってしまう作品でした。
こんなにわくわくさせてくれる映画は久しくなかった!まわりのお客さんも笑顔だった気
がします。友人と恋人と家族と、誰とみても楽しい映画です。

☆4つ
b0046664_0484568.jpg


「世界最速のインディアン」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by angrofille | 2007-03-25 00:48 | 映画

アンナ・カリーナの再来

みなさんは「グラビアアイドル」にどのようなイメージをお持ちでしょうか?
「ほんとにかわいいの〜?」とか疑心暗鬼じゃないでしょうか!特に女子はあまり
普段見る機会がないので、眉つばだと思っているのでは。というのも私がそうだった
から。

しかし先日デリセンの収録にいらした小明さんを見た瞬間に私の世界はひっくり
かえりました。
b0046664_22452948.jpg

どう!!!!!!!!!!!!!!! 小さい、顔が!!!!でかい、目が!!
すべてのパーツが美しく配置されており、文句のつけようがありません。
彼女こそアンナ・カリーナの再来!!こんなに可愛い娘を見た事がない!!
b0046664_22454488.jpg

あまりにもかわいいので本物を直視できず、窓に映る小明さんを食い入るように見つめる
私(変態決定)。
「ちょっとあそこの溶岩に飛び込んで♡」なんて言われたらまっしぐらに行ってしまいそうだ。
わたしが小金持ってるおっさんだったら、間違いなく全財産つぎ込んでしまうだろうなあ。
これがファムファタルというやつか、、
b0046664_2393869.jpg

我らのグラビアアイドルユカちゃんと(鼻息の荒いangroにドン引き中)
b0046664_2246072.jpg

でもサエキさんには「色気がない」と見えるらしい。どうして!!!男のひとって、わからないわ、、!!

かわいい娘ならけっこういる(少なくともかわいい男子よりは)かもしれないが、小明さんは
頭の回転が素晴しくよくて、とにかく話が面白い。
こんなに美しいのに、いきつけのショップは中野ブロードウェイで歌舞伎町周辺が
縄張りとのこと。
「グラビア界の辛酸なめこを目指す」とのことですが、私は小明さんはアンナカリーナだと
思うなあ♡ 野本か○あの三万倍くらいかわいいので、小明さんに歌ってもらってぜひ元気
のないオシャレ音楽界を救ってほしい。

小明さん、サエキさん、ユカちゃんのゆかいなトークはこちらで
[PR]
by angrofille | 2007-03-22 23:12 | 写真

花みたいな木

いま杉並、吉祥寺あたりの家では花みたいな木が花盛りである。
これってなんて言う木なのかしらね?

b0046664_0334618.jpg

b0046664_0401782.jpg


このように近所の植木の写真を撮り歩いて喜んでいるようでは、まるで
定年後のひまなじいさんのようじゃないか。
そりゃもてないはずだ。反省。
[PR]
by angrofille | 2007-03-22 00:41 | 写真

起動

春だからかなにか知らないが、だるくて眠くてしにそうです。
今日は11時半まで起きられず、なんとか起き上がったものの
ずっとスリープ状態ではいつくばっていました。
なんでこんなに眠くてだるいの?春のせい?花粉症のせい?それとも
オレのせい?
なんかやっと起動したと思ったらもう二時じゃないか!せっかくの休日が
mottainai!
b0046664_13513229.jpg

[PR]
by angrofille | 2007-03-21 13:52 | nikki