映画日記など メールいただけるとよろこびます angrofille@excite.co.jp


by angrofille
カレンダー

<   2007年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

「きょうの料理」

「きょうの料理」が山手線で全面車内広告を行っていた。一両まるまる一企業の広告だけがはってあるやつだ。おかたいイメージのあるNHK出版の広告なので、小ネタとロゴだけのシンプルな構成なのに驚いた。小ネタ好きなので、掲載されてたものよりいくつか。

・「さより」の名字は、吉永だと思う
・うちの子に「好きなごはんは?」って聞いたら「カップラーメン」と答えた
・料理をはじめた。妻との会話が増えた
・息子は、コロッケが家で作れることを知らない

わからない、、全然わからない、、。まったく笑えないのは私の心がどうかしているからだろうか。なんか20年くらい前のコピーライターが考えたみたいな、西武の匂いがするっていうか。俵万智とか思い出したよ!やめて!みたいな。

なぜ気になるのかというと、すっとんきょちゃんに「齋藤さんの好きなルーツの広告は、R25の匂いがする!!」とズバリ指摘されたところで、どうしてルーツはよくてきょうの料理は拒否反応が出るのか、その理由を自分で知りたいんです。

ルーツのほうの「すごい眠気が俺の中で目を覚ます!」「口調以外まったくやさしくない」「たとえ話が話をややこしくしている」「話し合い、というか取り調べ」「ふられた上に気を使ってばっかり」とか、傑作だと思うんだけどな〜。基本後ろ向きなところがイギリスのコメディ好きの心にささるのかな〜。だれか理由がわかったらおしえてください(他人まかせ)
[PR]
by angrofille | 2007-10-30 00:15 | nikki
先日も書いたセレブDJ・プロデューサーのマーク・ロンソン。レディオヘッドやブリトニーなど、人を喰ったカバーアルバムを作った彼。BBCのサイトにクリス・モイルスと一緒の写真が載ってたのですが、これがヒュー・グラントもベッカムもびっくりのブリティッシュ・ハンサム顔で驚いた!!若くて美しくて才能もユーモアのセンスもあるなんて、、、こういう方を見ると、神様は本当に不公平だと思うわ~。
b0046664_0341158.jpg

[PR]
by angrofille | 2007-10-29 00:38 | music

フォアグラバーガー

アメリカにちょっと行っただけでだいぶかぶれてきた齋藤。メトロダイナーや空港のマクドナルドで食べた超肉厚ハンバーガーが忘れられず、私の中で空前のハンバーガーブームが!!

で、台風で貸し切り状態のLe cafe BERTHOLLETでフォアグラバーガーにチャレンジ!巨大なフォアグラがぶあつい肉とともにフランスパン風のバターをたっぷり塗ったバンズにはさまる一品。
肉がけっこうアメリカンな固めで、フォアグラがこってりとした脂分を補ってるかんじ。かなり肉肉しくて、肉好きは昇天ものです。つけあわせのポテトもさくさくしてておいしいですよ。
b0046664_23255198.jpg

こちらはチーズバーガー。こちらも肉がぶあつく、トマトと玉ねぎも厚切りなのでスタンダードなおいしさです。
b0046664_2330275.jpg

[PR]
by angrofille | 2007-10-28 10:57 | nikki
ちょっと雨降ってるな~と思って外出したところすさまじい台風だった、、。

なぜ外出したかというと、グラフィックデザイナー服部一成氏の3年ぶりの個展「視覚伝達」トークショー。今日はホンマタカシさんとのトークで、ライトパブリシティ出身のお二人が「細谷巌の呪い」wについて語る充実した2時間でした。

細谷さんは広告とかのデザインをするとき、ラフに写真の影の状態まで書いて指定するそう。「キューピーとかの広告を見るとまるで写真を活かしたデザインを心がけているみたいだけど、実は写真から細谷さんの頭の中で作りだしたイメージを再現しているんだよね」と、目から鱗の情報が盛りだくさん。

細谷さんのデザインは強烈な主張というものはないんだけど写真と文章の使い方がすごく上品で、その影響というのはあまり目立ったかたちでは見えないけどすさまじいものがあるそう。

服部さんは「花椿」の仲條正義さんのデザインもすごく好きなんだけど、独立してしばらくたっても自分の仕事を考えているふとした瞬間に「これって細谷さんのやってたことじゃん」とびっくりすることがあるそうだ。うーん、まさに呪い。お二人がつい最近細谷氏の家の近くに立ち寄る機会があって、ピンポンダッシュしたとかまでW 愛情、ねじれすぎですよ!

「視覚伝達」展では服部さんのデザインしたグラフィックポスターが約20点展示されてて、方向を限定された線だけで構成されたケーキとか旗のグラフィックがめちゃくちゃかわいい!来週までやってます。展示されているポスターは各50個限定で購入できるので、「どれを買おうか?」と悩みながら見ると通常の展示とはまた違った視点で楽しめると思う。行かないと後悔すると思います。
b0046664_235425.jpg

[PR]
by angrofille | 2007-10-27 23:56 | 現代美術

調和

いまSex and the cityの最終話を見終えました。
感動した!!!
ガールズがみんな人間的にすごく成長して(涙)みんないままでいろいろつらいこともあったけど、それぞれ歩いてきた道が美しく調和して、包容力のある素晴らしい女性になったわね(涙)(涙)(涙) さて、また最初から見るか、、

高野文子の漫画「黄色い本」に収められている「ジャック・チボーという名の友人」では、日本のど田舎に住む、工場に就職をひかえた主人公が、図書館で借りたフランスの大河小説「チボー家の人々」にどっぷりはまっている日々が描かれている。日本のど田舎の女子高生にはフランスのブルジョワとはぜんぜん共通点がないけど、彼女にとっては海のむこうの小説の登場人物が一生の友達になるのね。昔の人が「若草物語」の登場人物にシンパシーを抱いたように、私にはアメリカのケーブルテレビのテレビドラマが一生の心の友達になるんだわ~。いや~友達ってほんとうにいいですね。
b0046664_0492526.jpg


&今日は東京都現代美術館の[SPACE FOR YOUR FUTURE]内覧会に。「アート・ファッション・建築・デザイン...分野と領域を超えて活躍する13ヶ国34アーティスト/クリエーターが提案する未来のコミュニケーション・スペース。」とのこと。いろいろなジャンルのアートが一堂にあつまってて、かなりスタイリッシュで刺激的なエキシビジョンです。ぜひいってみてください。
[PR]
by angrofille | 2007-10-27 00:49 | 海外番組

Four New Friends of mine

ブログの更新がさぼり気味なのは、”利権ディスカウント”で2ヶ月無料で入らされた「オンデマンドTV」にてドラマ「Sex and the city」が全話視聴可能なせいです。10月末までだから、それまでに全話みないと!

LaLa TVとかでちょくちょく見て面白いなとは思っていたのですが、いざ本腰を入れて見始めるとこれがもう止まらない。「アメリカ、ニューヨークに住む30代の独身女性4人の日常生活をコミカルに描かれた作品。」で、4人のキャラがたってて大変感情移入して見てしまいます。
伊勢丹の靴売り場に行った時も「この真っ赤なピンヒールはサマンサ(が好きそうな)の靴、このピンクのフリフリのやつはシャーロット、このシルバーのサンダルはキャリーでミランダはこっちの黒のパンプスが似合うわね・・」とか考えてしまったりして妹にドン引きされたりするくらいはまりまくっている今日この頃。それもこれもさっき言ったようにキャラがすごくたってて、お話がよくできているから。

これからついに最終話を見るにあたり、なんだか自分のすごく大事な人の人生に区切りがつく前のようにそわそわしています。さっき弟に電話で「あんたは何でもすぐはまりすぎ」と言われたのだが、まんまと染まりまくってる自分がかなりキモい。でもいいの!幸せだから!
b0046664_0484571.jpg

[PR]
by angrofille | 2007-10-26 00:42 | 海外番組

かぜなおった

パブロンを黄色い水と一緒に飲んだら一晩でなおりました。
ヤッター(マシ・オカ)

そういえば表参道に建築中の、オランダの建築チームMVRDV設計による商業ビルGYREが着々とできあがってます。ブルガリのカフェ、MOMAストア、カルディ、マルジェラ、うかい亭とまったく関連性のないテナントが入るんだってさ~
お世話になるのはカルディぐらいかな?HAHAHA
b0046664_05968.jpg

[PR]
by angrofille | 2007-10-24 00:59 | architecture

かぜひいた

きょうはあさから鼻がふがふがして、会社についたら朝から晩までずっと鼻水が瀧のように流れ落ちました(汚くてすみません)。なんかの花粉のアレルギーかな?と思ってたけどどうやら風邪みたい。ビタミンCが大量に含まれている黄色いペットボトル入りの水を買ってきたので、これでパブロンのんであったかくしてねよう、、

あと赤福についてだけど、とくに食べ物は結果が全てとは言わないけど、過程がどうあれおいしいものには勝てないと思うんです。たとえエルメ様のマカロンが「実はイスパハンの赤い色は豚の血液で染めていました」と言われてもわたしは買い続けると思う。体に有害とか食中毒とか起こすものは論外だけど、赤福はフジヤのケースとは違ってそういう苦情はなかったわけだし。

だからたとえ餅を再利用してても、冷凍の作り置きのものでも「それでもこんなにおいしいんだ!」ってびっくりしてわたしは買い続けると思う。これで老舗の秘伝のレシピが明らかになってよかったじゃない。このまま販売中止になったら一番いやだな。うちのおばあちゃんも「赤福ぐれえうまいみやげもんはねえ」って言ってたし。伊勢にいって赤福のかきごおりを食べるのが夢だったのよ。江戸のレシピなんだから、食中毒が起こってないなら地球にも優しいしリサイクルしてたっていいじゃん!リサイクルしてないのにおいしくない他のおざなりなお菓子のほうが問題だと思う!
[PR]
by angrofille | 2007-10-22 23:15 | nikki

メリークリスマス

もうクリスマスのことを考えなくちゃいけないらしいって知ってた?
今年こそ予約しておいしいケーキを食べようと思うんですけど。まあ、一人でだけどね。泣いてない!ぜんぜん泣いてないよ!

で、伊勢丹でケーキの予約合戦が先週からすでに開始されてると今日気づいて、あわてて検討中。一番おいしそうなアンリ・ルルーのバラのケーキは200個限定だったのにすでに完売!!

まよってるのは下の3種類。

218<ジャン=ポール・エヴァン>ジュ ム スヴィアン
「昨日」という時を表現したビュッシュ・ド・ノエル。ビターなショコラノワールのガナッシュをつめたマカロン生地を使いました。懐かしい感動が心を満たします。
b0046664_23593388.jpg

219<ピエール・エルメ・パリ>フロコンエトワール
天空から舞い降りた星と雪の結晶が輝くドリーミーなケーキ。やわらかな白いメレンゲの中に、塩キャラメルのムース、マンゴーピューレ、ライチをちりばめています。辛口シャンパーニュを合わせて召しあがるのがシェフのおすすめ。
b0046664_00272.jpg

220<be>ビュッシュbe 2007
ベルベットのようなショコラヴルールで包んだビュッシュ。マロンムース・洋梨のムース・マンジャリショコラのパルフェ。フランスの冬の王道の食材のハーモニーを、フランス料理界の巨匠アラン・デュカスがプロデュースする<be>から。
b0046664_005358.jpg


どうしようどうしようどうしよう。チョコ好きなので<ビターなショコラノワールのガナッシュをつめたマカロン生地というのにも胸がときめくし、でもエルメ様のは見た目がかわいいし塩キャラメルのムースというのもおいしそうだし、マロンと洋梨とショコラというのもとてもおいしそうな組み合わせだし、迷って頭がばくはつしそうです。3つかっちゃえばいいのかしら?!
[PR]
by angrofille | 2007-10-22 00:07 | sweets・bread
ジャパニメーションづいてるので、このまえ「パプリカ」を見て感動した
今敏監督の東京ゴッドファーザーズを見てみた。なかなかシブい作品でありました。

自称元競輪選手のギンちゃん、元ドラッグ・クイーンのハナちゃん、家出少女のミユキ、のホームレス3人が赤ちゃんを拾って起こるドタバタ劇。最初のスタッフクレジットが、道にある看板やトラックに名前を入れ込むというアニメならではの演出でよかった。

声ではワハハ本舗の梅垣義明が元ドラアグ・クイーンのハナちゃん役の声優で、舞台出身だけあって声が通るし演技もよかった。ジブリに出て欲しい声ってかんじ。

お話はご都合主義すぎ、とか赤ちゃんかわいくなさ過ぎ、とかいろいろ意見はあるとおもいますが、この時分萌えもSFもない面白アニメを作るのってすごく大変。でもこれはけっこう成功してるんじゃないかしら。

とりあえずジャパニメーション初心者はジブリを通過後「時かけ」と「パプリカ」を見て、大友とかも見てちょっとシブいの見たいな、と思ったらこれを見てみるとちょうどよく楽しめるんじゃないかな(えらそう)。

☆3.4つ
b0046664_140412.jpg

© 今敏・マッドハウス/東京ゴッドファーザーズ製作委員会
[PR]
by angrofille | 2007-10-20 14:07 | 映画